「文化を超えて」〜隠れた文化と融和を

日々の情報に翻弄されている私たち。
ここ数年、情報に敏感にもなってきているようにも感じます。

目の前の情報が事実と思い込んで何かしらの「破壊」に
加担してしまっているというのも違う側面から見た事実です。

「オカシイ」「違う」という証拠が山ほどあるのを分かっているのに。
小さく、個室に籠って分断されていることにも気がつかずに。
自分たちが創ってきた古い制度と古い文化を手放すことが
出来ないとわかっているのに。

情報を伝えるための言語と経験の関係は
どんなものなのでしょうか?

言語は形式的に完全なもの。
そして言語の内に隠れている期待を無意識に
経験の領域に自分たちで投影してしまって。

最終的には言語は経験を自然と規定してしまう。

私たちの思考の中に脈々とパターン化されているので
「異なる」ものを自然と排除する力を出してしまうのですね。


これでいいと、これで合っていると思い込んでいる文化とは
非常に異なる文化と接する機会に恵まれなければ
ここには気がつかないのではないでしょうか。

「それは無理」
「やってもしょうがない」

直ぐにこんな言葉が脳裏を走るのであれば
この見えないバイヤスがかかっている証拠ですね。

文化とは
・生得的なものではなく学習されたもの
・相互の関係し合っていること
・一つの集団に共通しておりその結果異なる諸集団を区別していること

エドワード・T・ホール著「文化を超えて」
では上記の3つに分類しています。

モデル化するのが上手な私たち。
そしてそれを連ねており重ねて一つのものに
見せるのもお手の物です。

ではここでもう一度「文化」「コミュニティ」とは何かを考える
時間を設けてもいいかもしれませんね。

古くて新しいエドワード・T・ホールに触れて
自分のバイヤスを緩めてみませんか?

春の風とともに何かの芽吹きが起こるかもしれませんね。


もしも朝の目覚めがなかったら?



春うらら。
草木も芽を出し、土筆も顔を出し始めました。
変化を教えてくれる梅も綺麗にあちらこちらで開花しています。


一日、一日朝がきて微睡の時間を過ごしてむっくり起き上がる。
当たり前の事ですが日々の小さな哲学がここに隠れています。
それも無意識にやり過ごしてしまっていて。


もっともっと大きな視点で観てみると
全宇宙から見ると世界がうなり声をあげて目覚め、氷が割れ
土のなかで眠っていた者たちが動き出して産声をあげています。


そうした全宇宙のリズムを採りいれて、世界の光が再び
戻ってきたことを荘厳に讃えるのです。


でも私たちは私たちなりに(本当に私たちなりに!)小さくとも
目覚めるという行為によって、一年ごとに繰り返される宇宙の死と再生を
一日ごとに繰り返しているわけなんですね。


シェイクスピアは
「眠りはたんに死に似ているのではなく、死の複製、あるいは少なくともスパイである。」
だから敬意と畏怖をもって扱ったほうがいい、と。


平易な言葉にすると寝ることは「生と死」の関係の縮図。
眠ることは死ぬことに似ており、目覚めることは誕生あるいは復活に似ている。
この行為において、意識と存在がじかに出会う。


目覚めているのが勤勉であるということは眠ることや怠けることよりも
格上に見られているような風潮があるようだけれど
睡眠をとらずに、確保もせずに起きつづけて何を私たちは
待っているのでしょうか??


今一度、そこを意識化してみると
働き方、暮らし方の新しい切り口が見えてくるかもしれませんね。


参考図書:ソクラテスと朝食を〜日常生活を哲学する

光


地域と世界が繋がる!?〜コミュニティラジオの未来へ

【テーマ】

2011年2月からスタートしました我がラジオ番組
「Feel Space」も早いもので丸2年が経ちました。

「ひびけ!真朱たち」というコンセプトも変わらず
ラジオという媒体の可能性へのチャレンジは続きます。
どうぞ、これからもご愛好のほどよろしくお願いいたします。

今回は日頃お世話になり、電波を利用させていただいている
京都三条ラジオカフェの理事・放送局長 時岡 浩二さんに
ご登場いただきました。

ラジオでラジオを語る!!
なかなかこの切り口はないと思います。
お楽しみに♪

輿石 範子


【Feel Space Keyword】

* 震災時に一番早く正確な情報を発信していたラジオ
* 東北はこの2年で20局以上のコミュニティラジオが生まれた
* アメリカと日本のラジオの違いって?
* 他のメディアとの融合によって更に成長する媒体に
* お隣、韓国もラジオ媒体に進出!

新聞記事


【プレイヤー】

2013年2月21日(木)20時30分〜50分に放送した同内容のものです。

↓プレイヤーの再生ボタンを押すと再生されます。
読み込みに暫く時間がかかる場合があります。

プレイヤーが表示されない場合には
QuickTimeをインストールしてください。
アドオンを無効にしている場合には有効にしてください。




【選曲】

STEVIE WONDER 〜 AO2♡より


 ★★リアルタイムにFeelSpaceの声をお届けします!!★★

スマートフォン向けの「ラジオカフェアプリ」が開発されました。
http://radiocafe.jp/i/app.html
 
全国からインターネットを通して放送を聞くことも可能です。
勿論パソコンからでもOK。

京都三条ラジオカフェ FM79.7にて
「Feel Space 〜ひびけ!真朱たち」
毎月第3週木曜日20時30分〜
 
To be Continue・・・


時を止める庵へ〜京暮らしの継承を町屋再生から

【テーマ】

京都の株式会社庵(IORI)さんをご紹介します。
代表取締役 梶浦さんと一級建築士 円谷さんにお話しをお伺いしました。

主に京都市内の残っている町屋を修復して宿泊施設として
一棟一棟あかりを灯していかれている方々です。

京都 庵

【Feel Space Keyword】

* 京町屋に住めたらいいなという気持ちからこの事業がスタート
* もともと京都がもっている質が高い暮らしを伝えたい
* 歴史、持ち主さんの気持ちを大切にしている
* 使う側の立場にたって空間と時間の過ごし方を工夫
* 宿泊以外にも京都の文化に触れることも可能
* 既にあるものをいかに継承、伝えていくか


【プレイヤー】

2012年10月18日(木)20時30分〜50分に放送した同内容のものです。

↓プレイヤーの再生ボタンを押すと再生されます。
読み込みに暫く時間がかかる場合があります。

プレイヤーが表示されない場合には
QuickTimeをインストールしてください。
アドオンを無効にしている場合には有効にしてください。




★★リアルタイムにFeelSpaceの声をお届けします!!★★

スマートフォン向けの「ラジオカフェアプリ」が開発されました。
http://radiocafe.jp/i/app.html

全国からインターネットを通して放送を聞くことも可能です。
勿論パソコンからでもOK。

京都三条ラジオカフェ FM79.7にて
Feel Space 〜ひびけ!真朱たち
毎月第3週木曜日20時30分〜

To be Continue・・・


一千一秒物語〜五感で遊ぼう

 「すべての存在者は無から生じる」
一人ひとりが一千一秒を創っていったら??

あなたの「街」を五感で遊んでみてくださいね。


☆☆☆☆
 
赤い太陽が砂から昇って、砂の中へ赤く沈む。

風が砂の小山を造っては、またそれを平らかにしてすぎ去る。

来る日来る日の風は世界の果てから運んできた多くのことを
ささやくが、それは人間には判らぬ言葉である。

そこには死んだような寂漠莫が君臨している。

バグルクンドの街はこんなところにあった。

神々の都をまねて造られた市街は、くもの巣形に
宮殿をかこんだ正六角形の道路から成って
敷石は純白の大理石であった。

辻々には紅い夾竹桃(きょうちくとう)の花と大小の神像とに
ふちどられた水盆が設けられ、噴水の虹の下を
群商の群れがかれらの夢見がちな瞳をかなたにこなたに
注ぎながら通り抜ける。

毛皮や宝石細工や香料を商う店の前を、紗をまとうた女が
水かめを肩に載せて過ぎてゆくと、広小路の向こうから
羽うちわや日傘に飾られた乗物が静々とやってくる。

砂のはてに落ちる太陽が街じゅうを燃え立つ紅に染めて
紫色の夜の帷がおおいかかってくると、家々の窓からは
オレンジ色の街燈がこぼれ、夾竹桃の梢と水盆に映じる。

その周囲につどい寄った人々は、飲み物と音楽と
歌とカードに半夜すぎるまで笑いさざめく・・・。

☆☆☆☆

年の瀬のちょっとした遊びで・し・た ♪♪

参考文献:「一千一秒物語

アジア

文化創造という自己表現に〜らぶんじ100人ワークショップ

「文化」を創るとはどんなことでしょう?

瞬時に出来上がるものではない。
そして歴史を紡ぐ中に見え隠れする。
実は何か変化をおこすには厄介なものかもしれません。

時代、時代の変化に人の価値観が織り交ざっている。
それも多様でカテゴリー化できない価値観。

「移ろいやすさ」も
「過去と今の分岐点に現れる」こともあるのではないでしょうか?

「他の人々と同じでありたい」と同一化への欲求と
「独自のものを求めたい」という個別化、差異化
が波のように行ったり来たりしてどこかで合流する。

人が本質的に関わる社会や生活、ビジネスに深く関わっているはずです。

企業もビジョン、ミッションを掲げただけでは「文化創造」はされない。
それも綺麗な戸棚に何年もしまっていては文化も生きてこない。
今一度確認してその意味を考える時も必要になってくる。

企業の中に風を吹き込み、あかりを灯し、再度確認する。
そして検証作業に取り掛かる。

生きた組織体である「まち」にもこれは適用されます。
11月からスタートした「らぶんじ100人ワークショップ」。
小さな風と今にも消えてしまいそうなあかりだけれど
手探りで全員で取り掛かっている状態です。

まちには「文化」と「経済」の二軸が存在する。

「文化の経済化」と「経済の文化化」の両輪が上手く
廻ることが大切です。

そしてそれを検証するシステムをどう組み込んでいくか
これも時代の流れに「文化」を添わせないといけませんね。

らぶんじのWSは1月で終了しますがこれからがスタートです。
一人ひとりの自己表現が大きなうねりを生んでくれる事を信じて。

日本各地で行われているまちを想う「未来」ワークショップ。
「移ろいやすい」中の「文化創造」という継承の力に必ずなりますように。


京都でふるまい餅を〜大正時間のお色直し

 大正時代のまちはどのような風景だったのでしょう?

その時代の「まちのいろ」見てみたいですね。

その頃のカメラが今、手元にあったらどうしましょう??
写したらその頃の風景がうっすら浮かび上がってくるカメラなんて
あったら飛びつく人もいるのではないでしょうか?

大正を生きたカメラがお目見えします。
どうやって管理したらいいかわからず、困っていたら
すべて手を入れ、光を加えてくれる人が現れました。

あぁそうか、もの・ことを伝承していくというのは
こういう事かと気づかせてくれたのもその女性でした。

10月12日(金)に京都の河原町でその伝承スタートの
「ふるまい餅」が配られます。

左京区一乗寺にある恵文社一乗寺店の暖簾分け。
そして河原町丸太町でKitに変身しました。

「古くて新しい」空間造りがされ
再び息を吹き返す小物もたくさんあります。

三間半ぐらいの間口にお祝い花が沢山届きますように。

京都にお越しの際は是非お立ち寄りください。
どうぞ、ご贔屓に!!

Kit  オープニングパーティ
2012年10月12日(金)11:00-19:00

kit



国分寺の未来構想を〜らぶんじ100人ワークショップ

 「らぶんじ100人ワークショップ」参加者募集!!

11月から翌年1月まで国分寺の未来構想のワークショップを開きます。
その名も「らぶんじ100人ワークショップ」
テーマは「国分寺のつかいかた」です。

この3か月はゆっくり3つのステップを踏んで「まち」を
理解していく流れになっています。

そしてオプション企画として
実際にまちを歩くフィールドワーク(4方面)と
最終地点の「まちを提案する」前の相談会を設けています。

らぶんじ実行委員会メンバーは国分寺市民だけではなく
他市在住者も含まれる多様性あふれる構成です。

一緒にまちづくり・地域活性化の仲間を増やしませんか?

【実施日程】

第1回 11月11日(日)13時〜17時「まちを学ぶ」
第2回 12月 9日(日)13時〜17時「まちを体感する」
第3回  1月26日(土)11時〜17時「まちを提案する」

連続性のあるプログラムですが
参加する回は自由に選択できます。

【オプション企画1 フィールドワーク】

11月23日(金・祝)10時〜12時  国分寺
          14時〜16時 恋ヶ窪
  24日(土)  10時〜12時 国立(北口)
          14時〜16時 西国分寺

各コース先着順で定員10名様となっています。
らぶんじ実行委員会のメンバーが語り部となって
まちをご案内します。

駅に集合し、「国分寺のつかいかた」の材料探しの
小旅行にでましょう!

【オプション企画2 相談会】

12月15日(土)12時〜17時

提案したいのにチームの中でまとまらない
どうやったら提案型になるのか等のご相談承ります。

【実施場所】

東京経済大学(
http://www.tku.ac.jp/
JR中央線国分寺駅下車南口徒歩12分

※オプション企画2 相談会も同場所で実施します。

【参加対象の方】

・国分寺の未来を本気で考えたい方
・国分寺の地域活性、まちづくりを何かしらの形にしたい方
・国分寺に何かしらのご縁がある方
・地域活性、まちづくりを真剣に他市、他県で取り組んでいる方

※自営業などのPR目的の方にはご遠慮いただきます。

【費用】

  無料

※第3回「まちを提案する」終了後、同場所にて懇親会があります。
 そちらの参加費はお一人様1500円頂戴いたします。

【詳細&お申込み】

「らぶんじ」でヒットします。
  
http://lovenji.net

 上記からお申込みをお願いいたします。

【らぶんじがえるストーリー】

   スローな都市を目指す国分寺。
 ホームページもちょっとスローな仕掛けが。

 
 トップページの何処かにらぶんじがえるの「らぶんる」が
 歌をうたって旅に出る準備をしています。


 ぜひ、歌声を聴いてくださいね。

 さぁ、どこに出てくるか!?
 ゆっくりと、そしてクリック!

 「らぶんる」に会うためにちょっとだけお時間をくださいませ。

 当日、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

らぶんじかえる


「地域」の未来とは?〜循環の仕組みにチャレンジする国分寺

 【テーマ】

今回は東京都下の国分寺にスポットを当てました。

9月17日に行われた「スローシティをめざす」シンポジウムで
市政10周年(昭和39年)の映像がお披露目されました。
今年まで眠っていた貴重なフィルムです。
そして「国分寺の昔と今」というテーマで話し合われました。

映画史研究家の牧野守さん
国分寺市副市長の樋口満雄さん
カフェースローの吉岡敦さんが
ご登壇されました。

映像の脚本

【Feel Space Keyword】

*市制10周年(昭和39年)の市民斉唱の声には力が
*元々は神奈川県だった
*政治がスタートしたのも国分寺
*昔は馬車がタクシーだった
*まちの資源を守る団体活動が盛んなまち

【プレイヤー】

2012年9月20日(木)20時30分〜50分に放送した同内容のものです。

↓プレイヤーの再生ボタンを押すと再生されます。
読み込みに暫く時間がかかる場合があります。

プレイヤーが表示されない場合には
QuickTimeをインストールしてください。
アドオンを無効にしている場合には有効にしてください。



【選曲】

Michael Jackson - History

馬車

★★リアルタイムにFeelSpaceの声をお届けします!!★★

スマートフォン向けの「ラジオカフェアプリ」が開発されました。
http://radiocafe.jp/i/app.html

全国からインターネットを通して放送を聞くことも可能です。
勿論パソコンからでもOK。

京都三条ラジオカフェ FM79.7にて
Feel Space 〜ひびけ!真朱たち
毎月第3週木曜日20時30分〜

To be Continue・・・


どう手を繋ぐ?〜隣国アジアからの風を取り込もう

【テーマ】

今回は日本とアジアの架け橋となっている
アジアリンク代表の小野さんにご登場いただきました。

アジアの中の日本の位置づけは?
日本は牽引できる存在になれるのか?

日本とアジアを行き来しつつ聞いてください。

【Feel Space Keyword】

*技術面などは日本人とは大差がない
*「働く」ことに愚直でまじめ
*純粋に日本が好きだからという学生さんが多い
*語学習得率が高いためコミュニケーション能力が高い
*アジア進出企業が多いため即戦力となっている

【プレイヤー】

2012年7月19日(木)20時30分〜50分に放送した同内容のものです。 

 ↓プレイヤーの再生ボタンを押すと再生されます。
読み込みに暫く時間がかかる場合があります。

プレイヤーが表示されない場合には
QuickTimeをインストールしてください。
アドオンを無効にしている場合には有効にしてください。



【選曲】

Clementine - ドラえもんのうた

★★リアルタイムにFeelSpaceの声をお届けします!!★★

スマートフォン向けの「ラジオカフェアプリ」が開発されました。
http://radiocafe.jp/i/app.html
 
全国からインターネットを通して放送を聞くことも可能です。
勿論パソコンからでもOK。

京都三条ラジオカフェ FM79.7にて
Feel Space 〜ひびけ!真朱たち
毎月第3週木曜日20時30分〜
 
To be Continue・・・


| 1/11PAGES | >>

search this site.

profile

profilephoto
人材開発コンサルタント
教育ファシリテーター
人事関連業務のコンサルタントを行っております。

selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM