文化創造という自己表現に〜らぶんじ100人ワークショップ

「文化」を創るとはどんなことでしょう?

瞬時に出来上がるものではない。
そして歴史を紡ぐ中に見え隠れする。
実は何か変化をおこすには厄介なものかもしれません。

時代、時代の変化に人の価値観が織り交ざっている。
それも多様でカテゴリー化できない価値観。

「移ろいやすさ」も
「過去と今の分岐点に現れる」こともあるのではないでしょうか?

「他の人々と同じでありたい」と同一化への欲求と
「独自のものを求めたい」という個別化、差異化
が波のように行ったり来たりしてどこかで合流する。

人が本質的に関わる社会や生活、ビジネスに深く関わっているはずです。

企業もビジョン、ミッションを掲げただけでは「文化創造」はされない。
それも綺麗な戸棚に何年もしまっていては文化も生きてこない。
今一度確認してその意味を考える時も必要になってくる。

企業の中に風を吹き込み、あかりを灯し、再度確認する。
そして検証作業に取り掛かる。

生きた組織体である「まち」にもこれは適用されます。
11月からスタートした「らぶんじ100人ワークショップ」。
小さな風と今にも消えてしまいそうなあかりだけれど
手探りで全員で取り掛かっている状態です。

まちには「文化」と「経済」の二軸が存在する。

「文化の経済化」と「経済の文化化」の両輪が上手く
廻ることが大切です。

そしてそれを検証するシステムをどう組み込んでいくか
これも時代の流れに「文化」を添わせないといけませんね。

らぶんじのWSは1月で終了しますがこれからがスタートです。
一人ひとりの自己表現が大きなうねりを生んでくれる事を信じて。

日本各地で行われているまちを想う「未来」ワークショップ。
「移ろいやすい」中の「文化創造」という継承の力に必ずなりますように。


国分寺の未来構想を〜らぶんじ100人ワークショップ

 「らぶんじ100人ワークショップ」参加者募集!!

11月から翌年1月まで国分寺の未来構想のワークショップを開きます。
その名も「らぶんじ100人ワークショップ」
テーマは「国分寺のつかいかた」です。

この3か月はゆっくり3つのステップを踏んで「まち」を
理解していく流れになっています。

そしてオプション企画として
実際にまちを歩くフィールドワーク(4方面)と
最終地点の「まちを提案する」前の相談会を設けています。

らぶんじ実行委員会メンバーは国分寺市民だけではなく
他市在住者も含まれる多様性あふれる構成です。

一緒にまちづくり・地域活性化の仲間を増やしませんか?

【実施日程】

第1回 11月11日(日)13時〜17時「まちを学ぶ」
第2回 12月 9日(日)13時〜17時「まちを体感する」
第3回  1月26日(土)11時〜17時「まちを提案する」

連続性のあるプログラムですが
参加する回は自由に選択できます。

【オプション企画1 フィールドワーク】

11月23日(金・祝)10時〜12時  国分寺
          14時〜16時 恋ヶ窪
  24日(土)  10時〜12時 国立(北口)
          14時〜16時 西国分寺

各コース先着順で定員10名様となっています。
らぶんじ実行委員会のメンバーが語り部となって
まちをご案内します。

駅に集合し、「国分寺のつかいかた」の材料探しの
小旅行にでましょう!

【オプション企画2 相談会】

12月15日(土)12時〜17時

提案したいのにチームの中でまとまらない
どうやったら提案型になるのか等のご相談承ります。

【実施場所】

東京経済大学(
http://www.tku.ac.jp/
JR中央線国分寺駅下車南口徒歩12分

※オプション企画2 相談会も同場所で実施します。

【参加対象の方】

・国分寺の未来を本気で考えたい方
・国分寺の地域活性、まちづくりを何かしらの形にしたい方
・国分寺に何かしらのご縁がある方
・地域活性、まちづくりを真剣に他市、他県で取り組んでいる方

※自営業などのPR目的の方にはご遠慮いただきます。

【費用】

  無料

※第3回「まちを提案する」終了後、同場所にて懇親会があります。
 そちらの参加費はお一人様1500円頂戴いたします。

【詳細&お申込み】

「らぶんじ」でヒットします。
  
http://lovenji.net

 上記からお申込みをお願いいたします。

【らぶんじがえるストーリー】

   スローな都市を目指す国分寺。
 ホームページもちょっとスローな仕掛けが。

 
 トップページの何処かにらぶんじがえるの「らぶんる」が
 歌をうたって旅に出る準備をしています。


 ぜひ、歌声を聴いてくださいね。

 さぁ、どこに出てくるか!?
 ゆっくりと、そしてクリック!

 「らぶんる」に会うためにちょっとだけお時間をくださいませ。

 当日、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

らぶんじかえる


組織維新の会 第二期スタート!

 
お待たせいたしました!
組織維新の会 第二期が動き出しました。


第一期のスタッフ2名と新規スタッフ4名、計6名の強力なメンバーです。
メンバーのホンキを伝えるブログも是非ご覧くださいね。


第二期は1回目で継続するかどうかという選択ができます。
いや、3月まで一緒にがんばりたい!そんな方は続投してください。


【第二期 1回目実施日時】
◆日時 :11月8日(火)19:00〜21:15(受付開始18:30〜)  
◆場所 :文京区シビックセンター  5F C会議室 
      (東京都文京区春日 1-16-1) 
◆参加費:2000円
◆詳細、お申し込みは下記をご覧ください。
 
http://ameblo.jp/soshikiishin/entry-11043203936.html


◆第一期はこんな感じでした・・・
 
http://blog.lifecreator-labo.com/?eid=57


私も会全体をサポートします。
スタッフがんばれ!2期生がんばれ!


組織維新の会 〜 一期生卒業へ!

 1月よりスタートした組織維新の会一期生は6月末に無事に卒業となりました。
会は卒業ですが、個々の現場での自らの維新プロジェクトはここからがスタートです。


もともと自社をより良くしたい!なんとかしたい!
が、どうしたらいいかわからないとジレンマを抱えて
1月に希望を胸に抱き会に参画したメンバーが大多数でした。



この数ヶ月共に邁進する仲間としてチームビルディングや
リーダーシップを取ることはメンバーの中には必須の行動でした。



そこで上手くリーダーシップが発揮できなかった
チーム形成が上手く行かなかったという苦い思いをした
メンバーも実際に存在します。


ただ、たったこの数ヶ月の失敗で焦る必要はありません。
これは当たり前の化学反応なのです。


なぜならば・・・
所属している企業文化の違い、仕事の進め方、企業の培ってきた歴史が
個々に違うために融合と破壊の間を行ったり来たりする
意識と行動が目に見える形で浮上してくるのです。


企業の合併時に起こる反応と同じです。
その揺れ幅が大きくぶんぶんと音をあげている時から
小さい振り子のようになっていくためには
他者理解をしていかなければいけないのです。


この数ヶ月会に参加して何を得たのか?
自分自身の中で何が変わったのか?


外部の方からはそのあたりに興味を持たれることかと思います。


ということで最終回はどれだけ自分維新ができたのか?という
ことを即興劇(インプロ)で演じてもらうことに・・・。


これが俳優顔負けの名演技の役者揃いでした!


実際の会議のシーン、お客様とのやりとりの回想シーンや
上司、部下間のいや〜な気分になる一幕を演じたり。
維新の会のチームメンバーの後押しによって目を見張る変化、成長を
周囲ともに感じることが出来たメンバーのシーンは感動的でした。


「あ〜そういうのあるあるある!」という感嘆な声があがったり
「う〜つらい状態だねぇ〜」と嘆きの声があがったり。


この即興劇で場が1つになったのは言うまでもありません。
せっかくです。維新演劇部の名演技をお披露目いたしましょう!

あるあるある!と感嘆の声があがった会議シーン。
結構真剣です!


会議室にて




お次は
新規プロジェクトを一生懸命社長と部長に交渉中です。
が・・・結末が・・・


社長、部長へのお願い




う〜・・・と観客側から唸り声が聞こえてきた いや〜な上司とのやり取りのシーン。
と、その後は逆転していい職場へ。


嫌な上司


と、日常の小さなことから大きな変革を起こそうと努力してきたメンバーです。


そして今まで見えなかった個々の悩みを理解し何をどのように
解決すればいいのかがわかるようにもなる時間でした。


一期はチーム形成から個という流れを創っていき
箇所箇所にダイアログ(対話)を十分に入れていきました。


そのおかげか皆家族にように自然と集まってきて
安心する場を1人ひとりの持っている「氣」で創ってくれました。


会の発起人メンバー一同も沢山の想いをメンバー間でぶつけてきました。


その力が参加メンバーへそして参加者の動機付けの力が
発起人メンバーに伝播してきました。
見えない「支援&成長の輪」が出来ていったようにも思えた会でした。


そして一期生の中から二期生の支援をしたいという
志高いメンバー達が立ち上がりました。

会の発足メンバーと新規メンバーでこれから
二期スタートに向けてゆっくり、じっくり
チームビルディングをスタートします。


個々の強みをしっかりと皆で共有し揺れ幅を感じながら
多様性を受容し更に「絆」が強まる会に成長するはずです。


「あなたが本気になれば、相手も本気になる。
だから、協力者も現われる。
あなたの本気が伝わるのは、あなたの行動からです。」


会の更なる成長を願って。
物語を創りかえるのはあなたから。
組織維新は自分維新なり。


※二期よりコンサルタントの中土井、輿石は
 会全体のアドバイザーという位置づけで関わっていきます。


組織維新の会〜第3セッションを終えて

「繋がりを強く感じる会になってきた」

5月27日(金)に第3セッションを終えてあがった声でした。
発足メンバーと参加メンバーの融合がゆっくり始まった時間でもあります。

そして賛同者(変革の仲間や次世代を担う仲間)として参加した方から
「スタートから参加していればよかった!」
こんな声を聞くことができるのはメンバー一同感無量であり嬉しい一幕でした。

第3セッションは今までのチーム体制から
一期生全員との対話を優先させました。

そのことで他チームの方との対話から組織を超えて
他社との具体的な連携も小さいながら生まれてきています。

今や社外の力と社内の改革という2つの手綱を
バランス良く、時には強く、時にはゆるめ、とコントロールする
という意識が必要になってくるのです。


1人ひとりゆっくり失敗を重ねながら立ち上がってきています。
たった5ヶ月で支援される側だった参加者が支援する側になっていきます。

「こうやってみたらどうだろうか?」
他社の企業文化・風土を考慮しての助言があちらこちらから。


支援する側にたつことで失敗をすぐに好機として捉えるようになってきているのです。
「実はチャレンジしたんだけど失敗しちゃってね」
「次はこうしてみようと思う」
ここに実は見えない楽しい、ワクワクの連鎖が出来上がっています。


会自体にフラットな空気が生まれ作らなくていい壁も取り払われてきています。
竹のようにゆっくり強く上に向かって、あちらこちらから有志が前進しています。
立派な竹林が出来上がるといいなぁ。


「ここに来ればまた現場に戻れる」
という、もともと組織維新の会のコンセプトである
「たんぽぽ」のイメージに近づいてきました。

「たんぽぽ」の綿毛のように現場に飛んでいって
戻りたいと思ったら戻ってきてね という想いが実はあるのです。

あとは・・・現場で奮闘している女性実務家、女性変革者を
もっと会の参加者として増やしていくことかなぁ??

ねっ!メンバー???

竹林


組織維新の会〜第3セッションにむけて

過日4月27日に組織維新の会、対話会(ダイアログ)を実施しました。

震災後の状況共有そして今後の自分プロジェクトを促進する前に
一段落ついて欲しいという意味合いと
そして違う屋根の下で奮闘、葛藤している仲間との団結力をつけるためです。

震災前、震災後ということで企業として、そして働く企業人として
いろいろな環境、意識の変化が組織維新の会メンバーおよび
一期生の中にも出てきています。

皆の中での共通理解としてやはり震災後に感じるものは
とても大きいものだということが対話の中に顕著に現れていました。

1人ひとりの立ち位置が違うものの、求めるものは皆同じです。
自社をなんとかしていきたいという気持ちに変わりはありません。

「結局のところ、自分が変わらないといけないんだよなぁ」
こんな言葉をもらす方も。

環境が変わった方からは
「変化があるときに変革の何かしらの手立てをスタートするという手もある」
との声も聞かれました。

今までの組織維新の会発足メンバーも参加者と一緒に

同じ位置で
同じように手を汚し
同じように悔しい思いを感じ
同じように成功を祝う

そんな原点に戻った2時間でした。

さてさて組織維新の会もこれからどんどんブラッシュアップされていきます。
より現場に近く、より耳を澄ませ、より柔軟に、そして的確に。

一期生の皆さんのプロジェクトの支援、全力でサポートします!
第3セッションに向けてたくさんの「自分プロジェクト」、再び立ち上がれ!!


組織維新の会 第一期生 次ステップへ!

 今、自分自身に
「危機感を感じているか?」と問いたとき
Yesと答える人はどれだけの人がいるでしょうか?


このままではいけないと思い、着実に変化に向けて
行動に移すためには何が必要なのでしょうか?


維新の会の各チームは第2セッションに向けてチーム形成の時を
今過ごしています。


一期生という大きな枠から6チームの色を出して表現していくステップです。
そのために各チーム毎にチームビジョンを作っていきます。


チームのビジョンはそのメンバー1人ひとりの持っている
「物語」から引き出されていきます。


自社への思い、考えがあふれんばかりの勢いで出てきます。
自分物語は同じものが一つもありません。


勿論、楽しい物語とは限りません。
事実であっても目を背けたい、忘れたいと思う事もあるかもしれません。
ただ、それをバネにして先に進まなければいけません。


ポストイット


物語には必ずその道すじを通ってきた人の「感情」が
盛り込まれています。誰しも持っている「感情」です。
その源泉に触れることで聞き手の心に刻まれていくのです。


私のサポートチーム(脱競争・視野拡大チーム)からは
『「黒船」が来てからでは遅い』こんな言葉も出てきています。
社会全体を見渡して企業を超えた視野でも同じことが言えますね。


黒船


そして出来たチームビジョン。2文。


チームビジョン?

昨今、「出る杭」になりたがらない
傾向が見られます。
そこへあえて自分達が「出る杭」に
という思いが。








チームビジョン?

そして「愛する君ら」のために
自分達が第一線をいくぞという
想いが込められています。

「愛する君ら」これは自分達の
家族や親近者の事ばかり
ではありません。


大きな視野で見れば次世代や
世代を超えた方も対象となります。


このキーワードで一気にチームがぐっと絞まったのは言うまでもありません。
Good!Job!


さて、チームビジョンが出来上がった次はそのビジョンから
導き出してきた「自分プロジェクト」の立案です。


組織維新の会の卒業時にどのようなプロジェクトを推進していくか
と具体案まで落としていきます。


全体


沢山の「自分プロジェクト」が生まれてきています。
どれも実現可能なものばかりです。


チーム内でバディー体制(2人1組)でサポートを
チーム全体を維新の会メンバーがサポートを
そして一期生全体を一期生全員でサポートを


と1人も取りこぼさない体制を取っていきます。


せっかくです。
何人かの「自分プロジェクト」をご紹介しましょう。

サンプル?
いいね〜!応援しているよ!
この笑顔4月にもぜひ見たい。

サンプル?
そうそう!
ビジョンを組織に浸透させないと。

皆の方向性をぐいぐいと
同じ方向へ!

がんばって♪

サンプル?
「夢を語る」組織内に!
幹部の方が率先してくれるとは
心強い!

お願いします!!













ねっ、応援したくなるプロジェクトばかりでしょ!

そして各チーム毎に「自分プロジェクト」を見える化させていきます。
いいね!がんばって!一期生全体から応援メッセージが
付箋で貼られていきます。


自分プロジェクト


さぁ、その言葉に答えていくようにこれから実践あるのみです。


第一期生の「愛する君ら」なら大丈夫。
4月の卒業時に勝利のVサインがあちらこちらから
挙がっているはずです。


ファイトだ!! 


現場の「わたし」から始める組織維新の会 第一期生スタート!

*本社と現場のみぞを埋めるにはどうしたらいいか?
*組織のロイヤリティを高める有効な方法は?
*前例主義をなくし新しいチャレンジを実現する組織をつくるには?
*女性総合職がイキイキ働けるようにするにはどうすればよいか?
*主体的に自ら学ぶ風土はどうしたらなるのか?



去る2011年1月19日中野サンプラザにて維新の会
第一期生(29社の企業から総勢36名ご参加)が立ち上がりました。

維新?



そしてその36名の勇士たちが出してきた問いは67にも。
これはその一部の問いです。



組織の視点、個人の視点の2つの視点そして
組織から社会へ、組織のコアへと2方向に向かう力へ
止め処もなく湧き出てくる力がみなぎっていた場になりました。

維新?



対話を重ね、問いを出し、そしてチーム編成へ。
ワークアウトスタイルで維新の会メンバーが各チームに
1名ずつジョイントして4月の卒業までサポートしていきます。



カテゴリーされた6チーム。
組織を超えた横断チームです。
これから何か組織・社会に訴求できるチームになりえるのです。

維新?−1



各メンバーの現場で実践を重ねるうえでは失敗もあるかもしれません。
ただ、戻って再度立案できる場、仲間がいるという
安心感が一期生を奮い立たせてくれるでしょう。



忘れないで。組織を本当に変えることができるのは何を隠そう
組織に属している皆さんなのだから。

維新?



そうそう、あとは組織変革を楽しむことを忘れていけません!



維新?



これは私がサポートとして入るチームの問い。
大局な視点から組織をみたいという願いが共通項となっています。
その名も「脱競争・視野拡大チーム」



4月の卒業までにどれだけの進化が見られるのか。
私自身もその波に乗って共に創造していく1人になりたい!
そう強く願っています。



第一期ということで維新の会メンバーも半信半疑での実施でした。
1回目のセッションを終了し、この場の重要性を再確認し
そして何よりも参加いただいた一期生の皆さんに
誇りとエールを送りたいと思います。



一期生36名、1人も欠けずに4月の卒業を!!


現場の「わたし」から始める組織維新の会 第一期生募集(2011年1月19日)

『現場の「わたし」から始める組織維新の会』 一期生募集 第1回 2011年1月19日
〜企業の枠を超えて「ホンキ」の仲間で創りだす組織変革〜


あなたの乗っている船が傾いています。
水が入らない所に皆が集まっているため
海水が少しずつ入っている事に気がつきません。


その現状を感じていますか?
このままでいいと思いますか?
誰かがやってくれると思っていませんか?


そして心の中で
このままでいいのだろうか?
数年後、この会社はどうなっているんだろうか?


そんな不安を抱えつつ


自分の組織が好きで見捨てきれない!
何とかしたい!何とか出来ないものだろうか!


こんな組織人のための組織維新の会を立ち上げました。
組織に属する5人、コンサルタント2人という構成メンバーです。
山本氏の一声で会が発足されました。


【維新の会メンバー】

1. 某音響機器メーカー人事部人材開発担当 菅 圭二(Keiji Suga)
2. 某OA機器メーカー販社 人材育成部門所属 山本一成(Kazunari Yamamoto)
3. 食品乳業メーカー 人事G 人材開発担当 喜安 克敏(Katsutoshi Kiyasu)
4. 川崎市経済労働局農業振興課 事務職員 入澤 光(Kou Irisawa)
5. 
オーセンティック ワークス株式会社 代表取締役 中土井 僚(Ryo Nakadoi)
6. 
Life Creator Laboratory 代表 輿石 範子(Noriko Koshiishi)


【セミナー実施詳細】

日時:2011年1月19日(水)19:00〜21:30
場所:
中野サンプラザ
対象者:組織に属している方(自治体も含む)
     ※学生の方、外部のコンサルタントの方はご遠慮いただいています
人数:40名
参加費:各回3000円(税込)※事前振込みです。
     振込みの確認が取れた段階でお席を確保させていただきます。
申込み:
フォーム フォームより必要事項をご記入ください。
     ※企業のアドレスでははじかれる可能性があります。
       ↓△匹舛蕕眛吋札潺福爾凌醜みフォームになっています。

【全体概要】

1回:1月19日(水)19:00〜21:30 中野サンプラザ(実施済)
2回:2月23日(水)19:00〜21:30 池袋あうるすぽっと(実施済)
3回:3月16日(水)19:00〜21:30 中野サンプラザ
   ※東北地方太平洋沖地震のため延期いたしました。
   4月27日(水)19:00〜21:00 池袋あうるすぽっと(対話の会)
3回:5月27日(金)19:00〜21:30 中野サンプラザ
4回:6月28日(火)19:00〜21:30 渋谷大和田会館


計4回実施でワークアウト形式で進めていきます。
幾つかのチームを形成し、実践ベースの内容になっています。
他社他業種の方々とのプロジェクトマネジメントです。
是非4セッションをセットでご賛同ください。
     
【実施目的】

組織内で実際おこっている問題から対話を生み出します。
そして自分達の陥っている「見えない罠」を見出し
現場で実践していきます。その実践を共に振り返り
更に現場で実践をというサイクルを生み出します。
ミニワークアウト形式で実施していきます。

【維新の会が行うこと】

企業の枠を取り払い、ホンキで組織を良くしたいと
思う人のネットワークを構築していきます。
その中から実際の問題に対する解決意欲、アイディア
を生み出す場を提供します。


【フライヤー】




【LCLのつぶやき】
5年ほど前に外部コンサルタントではなく

自社の人間が
自分達の力で
自社を変革していく

その勇士達をサポートする体制を構築しようとして失敗に終わりました。
またそのチャンスが再来し形になりました。
その仲間達に会えたこと、その機会に巡り会えた事心から感謝しています。


ホンキで真剣に組織から変革を、そして社会の変革に繋げようと
考えている組織人の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!
全力でサポートさせていただきます。
第1回目組織維新の会(2011年1月19日)お待ちしています!


時間を創りだす!〜家庭創造術セミナー

師走に入った少々気ぜわしい土曜日に家庭創造術セミナーを実施しました。
「寒いっ」と言葉に出始めるようなそんな12月スタート時でした。

今回のセミナーは家事のパイオニアLogica本間朝子氏とのコラボレーションです
参加者の方々も一生懸命に作業に取り組んでいただき
温かく、和んだ、とても素敵な時間になりました

このセミナーはなんといっても文房具の付箋紙(ポストイットは3Mの商品名ですね)
を活用するところがポイントです。

なぜ?付箋紙??を使うの?
はい、時間を簡単に動かす事ができるからです。

時間は過ぎ去るものだと思い込んでいませんか?
あ〜勿体無い!
自分で創りだし、紡ぎだすものなのです!

ということでビジネスではよく活用されている付箋紙を使い
時間創造のツールとして自分時計を創る内容となっています。

セミナー内容は
まずは今の自分時計を目で見えるようにします。

「やだーここ無駄かもしれない」
「私ってば自由時間がすごいあるわ、ここにメールのチェックを」
と、自然に「改善項目」が出てきます。

家庭創造(09.12.05)?


コラボレーションをした本間氏とも絶対的にだわったのが「家庭」の中の融合でした。
LCLのHomeVisionは「夫婦」、Logicaは知的な家事というポリシーから
「家族」にスポットを当てています。

「家族」について本間氏とは本当に長い時間をかけて議論を重ねてきました。
生みの苦しみを通り抜けると大きな海原が出てきましたよ〜。

皆さんも家族あっての自分ですよね??
ということで家族時間時計を創り、自分の時計と比べます。

ここで「自分」から「家庭」に視野が広がっていきます。
比べると・・・
「夫と話す時間短いかも」
「妻の1日って知らないものだなぁ〜」
など以外な気づきが出てきました。

家庭創造(09.12.05)?

ただ、理想の家庭時計を創っても残念なことに1日24時間しかありません。
出来ないことも出てきてしまいます。

LCL&Logicaのお勧めは「小さい変化を大事にする」という事です。
朝の15分の使い道、夜のちょっとした1時間など。
実は出来る事がたくさんあるのです。

そして限られた時間をではなく、あなたしか持っていない自分時計を
大事にしていただけたら。

いろいろな職種の方々や家族構成のさまざまな方々にご参加いただき
主催した我々も沢山学ぶ事ができました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!!

またお会いできるのを楽しみにしています


| 1/2PAGES | >>

search this site.

profile

profilephoto
人材開発コンサルタント
教育ファシリテーター
人事関連業務のコンサルタントを行っております。

selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM