大人の夏休みを〜大切な本が、一冊あればいい。

「生まれてきてよかったんだ」
「生きていてよかったんだ、生きていいんだ」

そう、子どもたちにエールとして送ろう。
そんな想いが児童文学が生まれたきっかけだそうです。

夏休み企画として世田谷の縁側で寝ころびながら
大切な一冊を見つけませんか?

「人間だけはつくることできないですからね。
場所はつくることができても。」
たくさんのメッセージを映像と言葉で残している
宮崎駿氏に会いにいきましょう!

400冊の岩波少年文庫の本から50冊の推薦本を選出。
なんと3か月かかってきちんと再読して選んだ優れものが
登場しています。

そして宮崎さんらしい暖かな人間味あふれる直筆の感想が
一冊ごとに添えてあります。本当にじっくり読んだからこそ出る言葉ばかり。
誤字があってもペンでぐしゃぐしゃと線を引いているそのまま。

児童文学に触れるポイントは?
「世界がひっくり返ること」だそうです。

実際に「床下の小人たち」は宮崎さんが40年間温めていた企画。
「借りぐらしのアリエッティ」の元となった本。
22〜23歳の時にメアリーノートンに出会って
本当に世界がひっくり返ったのでしょうね。

アリエッティ模型
※「借りぐらしのアリエッティの模型」写真撮影許可がある会場です。

今、再び読むとその世界がまた蘇るでしょう。

もっと、もっとひっくり返るとどうなるのか?
もっと、もっとひっくり返す人が増えたら?

力強く「生きていくんだ」と大人がもっと底力を出すことができたら。
つまらないことで子供たちが命を落とすなんてことは無くなるはず。

「生きていくのに困難な時代の幕が上がりました。
この国だけではありません。破局は世界規模になっています。」

垂れ幕


会場は大きすぎず小さすぎず丁度良い広さ。
「星の王子様」から始まり「君はもう一人のぼく」と
テーマごとに50冊がゆったりと並べられています。

お気に入りの一冊を見つけて
まずはひっくり返ってみませんか??

パンフ3点


世田谷文学館にて9月17日(祝)までです♪

レオ・レオーニの「融合」を感じる時間〜あおくんときいろちゃん

「みどり」色になるのはむずかしいかな? 

アムステルダム生まれの芸術家、レオ・レオーニ
「あおくんときいろちゃん」 からの一節。

「あお」と「きいろ」が混ざると・・・「みどり」色に。
このシンプルな小道具にたくさんのメッセージがこめられています。

あおくんが必死にきいろちゃんを探して。

「ばったり あ きいろちゃん
よかったね あおくんと きいろちゃんは うれしくて
もううれしくて うれしくて
とうとうみどりになりました。」

たくさん、たくさん、みどりくん(ちゃん?)は遊んで
自分達のお家に帰っていきます。

「おや この みどりのこ うちの あおくんじゃないよ
あおくんの ぱぱ とままは いいました」

「おや この みどりのこ うちの きいろちゃんじゃないよ
きいろちゃんの ぱぱ と ままも いいました」

どちらの家にも受け入れてもらえず。

「あおくんときいろちゃん かなしくて ないて ないて なきました
ふたりは ぜんぶ なみだになってしまいました」

粉々になるまで涙が出て・・・
それぞれの色に戻り

「ぱぱも ままも あおくんを みて おおよろこび
しっかりと だきあげました
こんどは きいろちゃんを だきました・・・
おやおや ごらん みどりになるよ」

ぱぱとままも訳がわかり

「おやたちも うれしくて やっぱり みどりに なりました」

「みどり」色になるのはそんなにむずかしいかな? 
カラー

メタボリズムの未来都市展〜戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン

皆さんは50年後の都市の未来を描くことができますか?

と考えている中でもチクタクチクタクと時計の針は
50年後に向かっています。


経済の中心となる都市。
そこへ建築とデザインという視点で会議を開いた9名。
50年前に「今」を創造するために開かれた会議から
始まった運動に触れる場が設けられました。


メタボリズムの未来都市展
〜戦後日本・今甦る復興の夢とビジョン〜


「世界のタンゲ」と呼ばれていた丹下健三を中心に
菊竹清訓、磯崎 新、黒川紀章、大高正人、槇 文彦
川添 登、栄久庵 憲司、粟津 潔がメンバー。


メタボリズム運動を9名の建築家たちが
平面的に立体的に集合知にさせた証に触れることができます。


振り返ってみれば50年という歳月の中で
私達もその一部となって沢山の変化の波に乗っていたはず。


もともと、生物学用語であるメタボリズム。
今やどの世界、業界、にも必要な循環サイクル「新陳代謝」
今までの消費動向や貨幣価値などこのままでいいの?と
建築の視点からも考えさせられる展覧会です。


そして建築だけでは留まらず、デザインやアートにも深く繋がりを
持った運動でもあり、「空間から環境」という広がりがある
コンセプトとなっています。


プレハブ住宅の本来の目的や農村都市計画などは現代でも実際に
復興の一貫として行えるのでは?と可能性を感じます。


そしてただの建築物とみなすのではなく
Form(かたち)、System(かた)、Vision(か)の三位一体と
集合住宅の未来を提唱する理論も深い思想を伴っています。


また25000人のためのコミュニティ計画を打ち上げた
丹下健三の筆跡、図面もしっかりと目で触れることができます。
細分化されてしまった空間をコミュニティや広場、リンケージという
キーワードでも紹介されています。


無秩序に建設と解体が繰り返されることに50年前から
危機感を持っていた9名の建築家たち。


日本独自、日本文化ならではの伝統的な日本建築を
いかに継承させていくかというテーマもしっかりと盛り込まれています。


お勧めです。
是非足を向けてください!


2012年1月15日(日)までです。


蓮の花が咲く国 〜ボォアボァン(蓮の花)ラオス

 久々の旅ネタをお一つ。


日本の本州とほぼ同じ面積を持ち豊かな森林資源を抱えている
アジアの国をご存知でしょうか?
よく見てみると日本に似たような地形でもあるかもしれません。


世界遺産の町から信仰文化が深くふかくゆっくり根づいている
優しい空気に包まれているラオスです。


なんと民族の種別が60〜70種類と言われています。
社会主義国と仏教が山、川、ラオスの人々の精神を
重んじる生活と融合している不思議な国でもあります。


政治面においては
ホー・チ・ミン思想がフランス植民地下にあったラオスの
基礎を作っているようです。


そしてラオス式社会主義はラオスの土着性に合ったものに
作り変えるため数々の試行錯誤が繰り返されることに。


西側の自由主義経済体制との交易を活発にすることを
目的とした経済開放化政策「新思考」が取られ思想教育から
法律の整備などが行われている、まさにこれからゆっくりと
「国づくり」を行っていく国の一つです。


ではまずは町全体が世界遺産に認定されているルアンパパーン(Luang Phabang)から。


ラオスの北部に位置するルアンパパーン。
大小を合わせると70もの寺院が位置しています。
植民地時代以降の動乱の中でも奇跡的に息耐えずに残っている信仰の町です。
そして1995年に世界遺産に認定された町でもあります。


僧侶たちの托鉢に勤しむ姿は毎日早朝に目にすることができます。

托鉢

柿渋色の袈裟を身にまとった僧侶たちの中にはまだ幼顔の面々も
見られますが、信仰という伝統を自然に身につけていくことに
違和感を感じずに毎日の業にいそしんでいるように見えます。


世界遺産の町を一望しようとプーシー(Phousi)に登ってみると。

プーシーより


メコン川とともにゆったり構えているルアンパパーンを眺めることができます。
「仙人(ルーシー)の山(プー)」という名がついているように
神様に導かれてこの山にたどり着いたという説があるようです。
じっと沢山の寺院と人々の信仰を見守ってくれていた山かもしれませんね。


各寺院はルアンパパーン様式の建築スタイルで大胆に優美なほど
きれいな曲線を描いている屋根が幾重にも折り重ねているという造りになっています。


その中のシンボルの寺院の一つ、ワット・シェントーン(WatXiengthong)の壁画には
高さ160mの大樹がモチーフになっている仏教の物語が描かれています。


「黄金の木(マイ・トーン)」
人の一生をモザイクで描いている壁画です。

黄金の木?


次は首都であるビエンチャン(Vientiane)に行ってみましょう!

タイと対峙するビエンチャンは人、物その他外貨も活発に動く町です。
買い物をすればお隣の国のタイ通貨バーツでおつりを渡されることもしばしば。

建築物もビエンチャン様式というスタイルになり
少し都会的に精巧さが付け加えられた造りです。

仏像

本堂に2052体の仏像と回廊に7000体近い仏像が納められている
ワット・シーサケート(Wat・Sisaket)。
19世紀にシャム(タイ)からの独立運動を起したアヌ王が
この寺院に地方長官を集め国家建設について意見を交換していたと言われています。

ワット・シー?

すこーし、京都の三十三間堂を思い出させてくれませんか!?

ラオスの大人しく、物質欲の淡白さ、精神性を重んじる様子が
ワット・ホーパケオ(Wat・Ho・Phakeo)の仏像が表現をしてくれています。

仏像(手のひら)


手のひらを両手他者に向けています。
「あなたに全てを差し上げますよ」といGive&Giveの精神が
こんな所でも触れることができるのです。


そして忘れてはいけない伝統がラオスの中で毎日人の手で
紡がれ、輝いています。
繊細なシルク1本いっぽんを昔ながらの織機で艶やかな色とりどりの
光沢を放しながら紡がれていく織物です。

ラオス織物


ラオスの正装用の肩掛け布はパー・ビエンという名称がついており
精霊や祖先との交信をするための媒体布として織り継がれてきたようです。


織物の中には文様にはさまざまな象徴として猿・蛇・象・鳥など
自然に関わる動物達が描かれています。


また菱形の文様は第三の眼(心眼)を表現していて真実を
見極めて、精霊を呼ぶ力をという願いで織り込まれているそうです。


自然素材で全ての色を出している工法は若干少なくなってきているとか。
絹の道を是非閉ざさないでほしいと願うばかりです。


交易の面においては国境を接しているタイ・ベトナム・中国との
地方交易が盛んでその反面中央集権制が弱く、地方分権制が伝統的な政治制度。
その原因に通信や道路輸送網が未整備という事もあるようです。


永年にわたって生活の中に浸透してきた伝統、宗教などは
しっかりと残したまま新たな国づくりに取り組む国ラオスを
ゆっくり見守っていきたい、そんな想いにさせてくれる国の一つです。


心和む人・気・緑に触れた旅のご紹介まで。
ボォアボァン(蓮の花)ラオス♪

蓮の花

※参考図書「ラオス」青山 利勝著
       
「魂の布〜モンスーンアジア 12人の女性作家たち」松本 路子著

 


土との共鳴を〜ウィーン、ロンドン、都市に生きた陶芸家ルーシー・リー展

「陶器制作は私にとって冒険である。新しい創作はすべて新たな始まりである。」

ウィーン工業美術学校に学び、ロンドンで制作を続けたルーシー・リーの言葉です。
ウィーンで生まれ、ウィーン工業美術学校に学びロンドンで半世紀を制作に
捧げた女性陶芸家です。

ルーシーリー

待望の
展覧会が国立新美術館(2010年4月28日〜6月21日)で開かれています。
約250点という膨大な作品に触れる機会はそうめったにありません。

内容は大きく
*初期 ウィーン時代
*形成期 ロンドン時代
*円熟期
と3つに期に分けられています。

作風がその期によって違うことを感じ取ることは勿論ですが
技法自体が自身が語っているように「冒険」の旅を物語っているのが
作品から伝わってきます。

陶芸で大切な釉薬の調合量などの記述が記されているノートが
なんとそのまま何十冊は一見の価値があります。

ポスターにもなっている紺碧の深みのある青の器から
桜色に群青がかった花器など一つひとつの作品には
彼女の燐とした姿と陶器への意思が織り込まれているようです。

陶器を制作する過程やその連関・連鎖を述べた彼女の印象的な言葉を
幾つかご紹介します。

「轆轤(ろくろ)へのシンパシー」
「形態への尽きない感動」
「芸術論はいらない、美が大事」
「頭・目・手が一体となっていく」

これからの言葉や釉薬の調合している写真からみても
土との共鳴をいかに身体全体で表現していたかがうかがえます。

一方で戦争によって陶器のボタンを創ることに専念しなければ
いけなかった時代や、批判を受け作風が一度変わったが再び
彼女の不動となるスタイルに戻った等のエピソードにも
触れることができる貴重な展覧会です。

ルーシーリー2

6月21日までです。
急げ!急げ!


 

 

 

 




 


GATE 〜世界に伝えたい、真実の物語

 「100年先を想う」


皆さんであればこの言葉を聞いて何をイメージしますか?
幸多い100年先を想像していますか?
それとも負のエネルギーを創造してしまっているのでしょうか?


家族や苦楽をともにした仲間、そんな大切な人達の
笑顔を絶やしたくないと思うのは当たり前の事です。


国籍や宗教などを超え一つの気持ちを持ち続けることが
私達がやらなければいけない「責任」かもしれません。


今回ご紹介したい『GATE』は核撲滅を願う日本の僧侶が
行脚をした25日を描いた映画です。


行脚の距離はなんと2500辧
広島の原爆投下の原爆の火をアメリカから南下し
世界最初の核兵器実験が行われたニューメキシコ州の
トリニティサイトまで運ぶのです。


僧侶の1人は胃を全摘出しても命がけで
灼熱の2500劼膨み使命の強さを感じます。


その25日の間に行脚に賛同する人やお布施を渡すために
足を運ぶ人、国籍を問わず僧侶達が最終ゴールに
たどり着くまでの手助けをしていく人達と僧侶の間には
垣根などありません。
そこには「対話」が存在しています。


そして最終地点の一度も開けられたことがなかった
トリニティサイトのGATEをその対話達の力で
開ける事ができたのです。


再び同じ惨劇を繰り返さない。
そのために私達は何を思い、考え、伝え続けることが必要なのかを
気づかせてくれる1本です。


100年先?わからない?そんな言葉は誰一人の口からも
出てこないような本質を見極めることができる
人創り、教育が必要になっています。


「人間は家族より大きな単位を組織するが、その過程で
必ず政治に携わる。人間は生まれついた環境、つまり周囲の
人々や土地に対して、自然な忠誠心を持っている」


「今の時代なら、国民意識が非常に重要な意味を持つ」


「現実を直視しながら、不可能を予期せよ」


さぁ、社会、組織、地域で立ち上がろうっ!


出典:「100年予測〜世界最終のインテリジェンス企業が
    示す未来覇権地図」


布がもたらす空間演出〜FUROSHIKI

今やお買い物にはマイバック持参というのが常識になってきましたね。

デザインも凝ったものや使わないときは小さく畳めるなど工夫がされています。
そこで、もう一歩進んでみませんか??

さらにエコへ

日本人の粋を感じる演出方法です。
私は旅行などにも持っていくこともあります。
どうして使わなくなってしまったのか?不思議ですね。

さて、なんだか分かりますか?
こ・た・えは風呂敷です。

実は小さく畳めるし、サイズもさまざまなのでどんなものでも
包めてこんな素敵な演出方法は他にはないのではないでしょうか??

私が惹かれて購入した夢二FUROSHIKIは
本のブックカバーになっています。

ご興味がある方は「包み」プロがいるお店へどうぞ!
いろいろな包み方を教えてくれます。

渋谷神宮前にある
「京都 和文化研究所 むす美」
買った風呂敷をまた素敵な風呂敷で包んでくれます。

LCL's Recommend




道の行く末〜特別いけばな展(江戸東京博物館)

 日本には沢山の「道」があります。

茶道・武道・剣道・華道・香道などなど。
歴史に寄り添いつつ時を駆け抜けてきた道たち。
絶えさせてはいけません。

心清める・心静める・基本に返る・自分の軸を作るなど
日本人が自然に行っていた「気」を通して
学び多い道でもあります。

今回はその道の中の華道をご紹介します。
江戸東京博物館で行われている「特別展いけばな展」です。

華道の歴史(各流派)は勿論のこと
当時の花器や浮世絵や曼荼羅図の中の生け花を垣間見ることができ
これは必見かと思います。

「いけばなの成立」の中の日録などは手書きで
一つひとつ丁寧に花の活け方など書かれているものや
戦国時代の立花の絵など観ると精巧なもので吸い込まれそうです。

興味深い一文を発見!
江戸時代に書かれた女子用教訓書
「女教大全姫文庫(じょきょうたいぜんひめ)」にかかれたものです。

「花を見るも懸物を見るもそのまへ(前)の畳のはしに
左の手をつかへ見るへし。床前の畳へのるべからず
みだりにほむべからず、ただ感ずべし」

いいですね、末尾の「ただ感ずべし」の文言。

更に華道の未来への時間をつむぐ材料にもなる
外国人達の書籍が残っているのも素晴らしいです。

(英)リバプールの実業家は華道を「紳士淑女のたしなみ」としており
(米)動物・考古学者エドワード・S・モースは
日本人の花の活け方が簡素で美しいと記しています。
文献:「日本その日その日」(JapanDaybyDay)

基本に返って、簡素でシンプルなというのが一番麗しいのかもしれませんね。

2010年1月17日(日)まで開催しています。
ご興味あるかたは是非!


LCL's Recommend

生きる力を!〜 映画「ブタがいた教室」

 「食育」という言葉が数年前から当たり前のように聞くようになりました。
そうは言っても蓋を空けるといろいろな考え方があるようです。

食べ合わせや食物を陰陽と分けて体に合わせる
または調理方法などさまざまな切り口があります。
さてさて何が食を育むものなのでしょうか??

今回お薦めするのは「ブタがいた教室」という映画。
ある小学6年生たちとブタのPちゃんが織り成すストーリー
一見、学校物語でしょ?なんて思われがちですが
メッセージがたくさん詰まっています。

Pちゃんとともに心と感情と体が少しずつ成長している
子供たちの口から
「一生懸命生きるってなに?」
「責任ってなに?」
「命ってなに?」
という言葉が出てきます。

そして大人顔負けの
二者選択で意見を交わす討議(ディベート)シーンが2回。
大人の我々に「今のままでいいの?」
「あなたそのままでいいの?」
「大人ってそんなのでいいの?」
訴えているようにも感じます。

映画のシーンにも出てくる
「いただきます!が言えない子供が増えている」
いただきますって何に対して言う言葉なのか?
このような事が実は食育というのかもしれません。

人間らしい感情と人間のエゴが渦巻くストーリーです。
そこにPちゃんのお尻のクルンとしたかわいい尻尾の
アングルが映画を引き立てていて★5つ!!

涙拭きタオルを片手に忘れていた大切なものを
取り返しにいきましょ♪
老若男女ともに何かを感じるはずの映画です。

LCL's Recommend


土に触れることの喜び 〜益子

先日、益子陶器市に行ってまいりました。
電車を乗り継ぎのりつぎ、スイカを思い出させる
赤と緑のツートンの一両列車にのんびりと揺られながら。

陶器好きな私としては我が家に置きたい大皿のイメージは
既にあり、色、柄までも決めていました。
が、こういうときに限って良縁はなく、あちらこちらの
陶器店を練り歩いていました。

さて、行き着いたのは益子町益子の
スターネット(STARNET)

こちらは陶器+オーガニックカフェ+温灸所+展示場という
複合型のお店になっています。

なんといってもお店の造りが素晴らしい!
土壁から始まりディスプレイに使われている台やテーブル
扉などは肌ざわりもよく、品も良し。
古民家再生プロジェクトで造りあげたような重厚感もあり
1日たたずんでいても気持ちよく過ごすことができる空間に仕上がっています。

そして音楽も
Taguchiスピーカー使用という贅沢な空間に。
温かい土の空間に守られながら体の隅々まで流れてくる音楽に
時間が経つのも忘れてしまうほど。

もしかして、その一瞬をその1時間を過ごすために
益子に足を向けてもいいかもしれないと思わせるお店です。

そうそう、陶器を買いにきたんだった。
と、自然に吸い寄せられるように近づいて両手で温めてしまった
良縁のお品は「郡司泰久さん」の作品です。

益子焼き

何に使おうかなとちょっとアレンジ!

益子焼き+お花

あっという間に過ぎてしまう秋を楽しみましょ。
土に触れる喜びを益子で感じた1日でした!

LCL's Recommend








 


| 1/2PAGES | >>

search this site.

profile

profilephoto
人材開発コンサルタント
教育ファシリテーター
人事関連業務のコンサルタントを行っております。

selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM