持続可能な社会には地域の力、人創りを〜シャッター商店街から学ぶ

 「駅前の商店街がシャッター通りになっている」

こんな課題を抱えている地域は全国に多数あるはずです。
高齢化、跡継ぎ問題など背景にある課題はとても大きい。

この課題解決に何かしらの糸口を見つけるため
そして未来を創造する目的のフューチャーセッションとして
今回のワークショップは開かれました。

場所は山梨県北杜市清里。
清里駅前の商店街がまさにシャッター街になってしまっているのです。

さてさて、その前に商店街とは何でしょうか?
どのような地域の役割を果たしていたのでしょうか?

遡ること大正時代。
第一次世界大戦の終結とともに不況に。
地方から都市へ人が流れる。

地域の残った人が消費するものが粗悪に。
そこで協同組合を立ち上げる事に。

行政は公設市場設置を、繁華街には百貨店が現れる。
ここで「遊覧の空間」が出来上がり。

これらと対抗する小売商が異業種で連携して「空間的集約」を
図り、横の百貨店を目指した。これが商店街の始まりだそうです。

欲しいものを欲しいだけ、徒歩圏内で賄え
そして人が集う「公共空間」のコミュニティの役目も果たしていたのです。

商店街がいかに重要な役割を果たしていたのかが分かりますね。

では清里駅前に戻りましょう。

清里駅前シャッター

まさに全盛期の清里をご存知の方であれば愕然とするでしょう。
清里駅前の商店街には時を刻む音が絶えていました。

駅前を25名程度で散策し、そして貴重な市民の方々に想いを伺いました。

財団法人キープ協会の桶本さん
萌木の村 取締役社長 舩木さん
清里の森管理公社の清水さん

どのように清里を感じ、地域を考え、日々を送っていらっしゃるのでしょうか。

萌木の村

実際の現地の声を聞いたあとは、参加者の方々と対話をする時間に。

船木さん

既に地域活性、再生などに取り組んでいる方々が多いためか
議論はとても質の高いものになっていました。

そして実際に地域は何を持っているのか?という整理に入ります。
これは課題と思うもの、定着させたほうがいいものという線引きは一切しません。
持ち物ブレストですね。

BMGシート

 BMG風景


そして今回のワークショップのお楽しみ。
実際に地域での活動をされている方々の発表をしていただきました。

今までの抱えている課題を解決できるか!?

国立富士見台人間環境キーステーション(東京都国立市)
おたカフェ(東京都国分寺市)
いがねこ(東京都小金井市)
なつかしい未来創造株式会社(岩手県陸前高田市)
てんころりん村(山梨県笛吹市)

事例を聞いて、いろいろな切り口があることが分かりました。

どんな糸口があれば清里のシャッター商店街に
再び時計の音が聴くことが出来るのでしょうか?

外の人を取り込む工夫、エコビレッジ計画、年代をまたぐ
暮らし方の仕掛け等のプレゼンテーションが行われました。

市民の方にとっての「地域」が更に輝かしいものになりますように。
清里の10年後が楽しみです。

この2日間をラジオ音源として聞くことができます。
こちらからどうぞ。

国立本

いがねこパンフ











WS企画:
財団法人キープ協会
実施団体:マイスタイル小平
       Balancedgrowth
       Life Crearot Laboratory

参考文献:「商店街はなぜ滅びるのか〜社会・政治・経済史から探る再生の道」