新たなものとの融合〜 Worldwide Manegement  

日本において外国籍の方々が一緒に働く光景は一般的になってきました。
企業においても日本だけではなく世界と戦える人材の確保は必死です。

ある企業さんでの出来事。

トップからの今後の中長期計画が下りてきました。
その計画から短期計画を立案していきます。
計画の中で重要なのが「人」です。

どのタイミングで採用し、どこへ配置し、その人材を活かすか。
どれだけのパフォーマンスを出してもらえるのか
出す事に障害をもたらさないためにはどのようにしたらいいかと
いろいろな情報を元に採用に向かいます。

ここ数年グンを抜いて優秀な人材が出てきているのが
皆さんもお気づきかと思いますが
日本以外のアジア諸国からの人材です。

シンガポールや香港、中国籍の人材は勿論
東南アジアの人材も奮起してきています。
やや「働く」ことに疎く、ゆで蛙になりつつある日本人とは
随分と「意気込み」「心意気」が違ってみえます。

「生きる」ために仕事をし、「目標」や「夢」をしっかり持つ彼らの
口から
「ここ(企業)は自分にとって踏み台です。」
「次に進むためのステップです。」と
力強い言葉が聞けます。

日本では終身雇用という考えがまだまだ抜けきれないため
採用時にそう考えていても言葉に出せないというジレンマを
抱えている人も少なくありません。

「中長期計画から視野を広げて考えてみて、
彼らが辞めることに怯えることよりもどれだけの
パフォーマンス(成果)を出してもらえるのかという点で
業績に必ずや繋げる(繋がる)と考えてはいかがでしょうか?」

と、こちらからの提案を受理していただき、数名の採用が決定しました。

異文化や異なる考えを受け入れる力をつけていかなければいけません。
小さい頃からの異質への寛容さや受容する力を養う教育が必要です。

そして我々社会人の1人ひとりが自分のメジャー(物差し)で
物事を決めることを緩めていかなければいけないと感じた瞬間でもありました。

ちなみに・・・
アジア諸国の人材からよく聞くお悩みは

*日本人の「和」がわからない
 →考えを持っているのか?持っていないのか?阿吽の呼吸をどう表現するか?
*意思決定のプロセスが不明瞭
 →GO!なのか??NO!なのか??
*自分への教育投資が少ない
 →自己成長を感じたい!


過去のものがもろくも崩れ通用しなくなってきました。
新しいものとの融合を開始する時期が「今」なのかもしれません。

新しいものを、知識を、価値を、仕事を創っていくのは皆さんです!
2010年、生まれ変わる社会、組織、地域、人財と沢山のビックニュースが
聞けますように

あなたは2010年何を受け入れますか?
何を融合させますか?