活字が喜ぶ空間創りを

本好きな私。
小さい頃から図書館、本屋さんに行く事が大好きでした。

今でも建物自体の造りが素晴らしい図書館や本の閲覧、配置に工夫、仕掛けが
ある書店には長居をしたくなります。

長い時間過ごしたあとに良い本(これは私の判断軸です)に出会えたときの
ワクワク感は小さな幸せを運んできてくれます。

最近の動きとしては電子書籍が前にまえへと出てきています。
未来への流れからこれは自然の事かもしれませんね。

ではそこで「紙媒体の本が全て消えてしまうのか。」
これは出版業界の方であれば議論し続けているテーマだと思います。

電子書籍の勢いに負けじと
今では書店+アルファ(カフェ等)と隣接させたり
購入する前にじっくり座って読める空間を提供したりと
人と活字がじっくり向き合える時間と空間を創りだしている
書店も出てきました。

何か新しいものを生み出したら他方の存在も違う形になって
出現してくるといった刺激しあうサイクルが出来上がりつつあります。

ここでご紹介したいのは紙媒体。
「活字が喜ぶ空間創り」を手がけている本屋さんです。
書店ではなく「本屋さん」です。
この違い分かっていただけますか??

活字が喜ぶ?
そうです、買われるために陳列されているのではなく
本が活字とともに喜んでゆったり気持ちよさそうに配置されているのです。

京都発をまた見つけてしまいました!
恵文社 一乗寺店です。
京都市内の恵文社の他店とも何かが違うそうです。

さて、何が違うのか!?
店主の趣味志向が前面に出ている本のセレクトだそうです。
聞くと笑ってしまいますが、う〜ん、楽しい!!

そして沢山の人と喜ぶ活字たちから場に活気を
与えている本屋さんでもあります。

なんと言っても活字たちが「私たちも楽しいよ」と
嬉しそうなのでこちらも手を差し伸べたくなるのです。

お茶でもしながら1日過ごしたい・・・。

写真でご紹介できないのが残念ですが一見の価値ありです!

もう一軒!
Hedgehog(ヘッジホッグ)です。
荒神口(こうじんぐち)から歩いてすぐの場所にある
ギャラリー+カフェ+本屋さんが一体になった建物です。

小さなちいさな本屋さんですが昔ながらの透明のセロファン紙に
優しく包まれた本たちに出会えます。
ビンテージ絵本など海外の貴重な本にも触れることができます。
誰しもが「懐かしい〜」と感嘆な声をあげるはず。

勿論、新作も購入できますがこちらも店主の想いが詰まっている
本屋さんであることが伝わってきます。
「特別な1冊に出会えますように」というメッセージ付きなのです。

読書の秋。
詰め込む読書ではなく
紙と指にふれる活字たちとゆっくり旅に出るのはいかがでしょうか?

※恵文社 一乗寺店は
京都精華大学教授の筒井先生
 ご紹介いただきました。ありがとうございました!