現場の「わたし」から始める組織維新の会 第一期生スタート!

*本社と現場のみぞを埋めるにはどうしたらいいか?
*組織のロイヤリティを高める有効な方法は?
*前例主義をなくし新しいチャレンジを実現する組織をつくるには?
*女性総合職がイキイキ働けるようにするにはどうすればよいか?
*主体的に自ら学ぶ風土はどうしたらなるのか?



去る2011年1月19日中野サンプラザにて維新の会
第一期生(29社の企業から総勢36名ご参加)が立ち上がりました。

維新?



そしてその36名の勇士たちが出してきた問いは67にも。
これはその一部の問いです。



組織の視点、個人の視点の2つの視点そして
組織から社会へ、組織のコアへと2方向に向かう力へ
止め処もなく湧き出てくる力がみなぎっていた場になりました。

維新?



対話を重ね、問いを出し、そしてチーム編成へ。
ワークアウトスタイルで維新の会メンバーが各チームに
1名ずつジョイントして4月の卒業までサポートしていきます。



カテゴリーされた6チーム。
組織を超えた横断チームです。
これから何か組織・社会に訴求できるチームになりえるのです。

維新?−1



各メンバーの現場で実践を重ねるうえでは失敗もあるかもしれません。
ただ、戻って再度立案できる場、仲間がいるという
安心感が一期生を奮い立たせてくれるでしょう。



忘れないで。組織を本当に変えることができるのは何を隠そう
組織に属している皆さんなのだから。

維新?



そうそう、あとは組織変革を楽しむことを忘れていけません!



維新?



これは私がサポートとして入るチームの問い。
大局な視点から組織をみたいという願いが共通項となっています。
その名も「脱競争・視野拡大チーム」



4月の卒業までにどれだけの進化が見られるのか。
私自身もその波に乗って共に創造していく1人になりたい!
そう強く願っています。



第一期ということで維新の会メンバーも半信半疑での実施でした。
1回目のセッションを終了し、この場の重要性を再確認し
そして何よりも参加いただいた一期生の皆さんに
誇りとエールを送りたいと思います。



一期生36名、1人も欠けずに4月の卒業を!!