時間と空間と文化の融合へ〜会議のファシリテーション

「社外の方と会議を行ってみたい」

この一言でこのワークアウトプロジェクト(研修+OJT)のゴールは決まりました。

対話を行う重要性もゆっくり社会の中に浸透しつつあります。
その手法で組織の中で変革を行っている企業さんも少なくありません。

そこに大事なキーワードを入れるとすると「空間」「時間」の2つ。
時間とは量的に平等で質的に不平等なものでもあります。

楽しくさせるか、意味のあるものにするか
つまらないものにするか全て自分の意識で変わってくるということですね。

日常的に組織体の中で当たり前に行われている「会議」。
「あ〜つまらない」
「何も解決されない場」
というイメージを持っていませんか?

そもそも会議って?・・・と考えると
何かを生み出し、本質的な解決に繋げ、未来創造をする
空間と時間を創りだす場なのです。

そして会議は空間と時間を全体俯瞰しながら
対話のプロセスを管理し、ゴールに導くファシリテーターの存在が必要なのです。

このファシリテーターの概念を組織の中に浸透しようと邁進している
某IT系損保会社の約30名のメンバーがこのプロジェクトに挑みました。

もともと社会の中の課題解決、問題解決を行う正統派の
フューチャーセンターという場を保持している企業さんでもあります。
対話を行うことには全く躊躇せずに取り組むことができました。

4月から7月の間、自社について議論、対話を重ねてきました。
あえて設定した対立を生む流れもこなし、震災対応や業務をこなしながら
現場での実践会議にも奮闘したメンバー達でもあります。

そして最終ゴールである社外合同会議の内訳は・・・
4株式会社+1財団法人+1自治体という地域、社会、組織のプロたち
が加わり総勢34名で熱く、深い議論、そして違う組織文化に触れる1日が繰り広げられたのです。

全体1


場が生んだ鍵となる言葉も印象深いものばかりです。


言葉3





コミュニケーションの本質とは?





言葉2






他責から自律へのプロセスは?








言葉1






本当に社会に訴求できる
コラボレーションって?








株式会社同士の繋がり、ビジネス、融合は今までにも生まれてきています。
ただ、本当にそれが社会へ訴求する内容なのか
何かを生み出し、本質的な解決、未来創造に繋がっているのでしょうか。

会議の中心テーマとなったのが実は「自律」という言葉でした。
そしてその周りを
「これからの日本のあるべき姿」
「笑顔になるためには」
「道徳や倫理はどこで学ぶべきか?」
という主催者メンバーと私の中では想定外だったテーマが浮上してきたのです。


ワークショップ自体の会議テーマは準備せずに
場から自然に生まれてくる手法を導入しました。

その即興テーマの会議のファシリテーター役をメンバー一同物怖じせず
対話をリードする姿は凛々しい中に自信も生まれてきたようにも見えました。

きみちゃん






 がんばったね!







おおさん





     ちゃくちゃくと!
      
そして学び、気づきを得るワークショップというフェーズで留まらずに
何かしらの行動計画(アクションプラン)を立案していこうという運びに自然となったのです。

さぁ、9月下旬にプロジェクトのキックオフです。
核となるコアメンバーも各分野のキーマンとなる方ばかりです。

未来創造の何かしらの「始めの一歩」を一緒に踏める仲間にはるはずです。
フューチャーセンターにて組織の枠を超えて本質的な創造へ。


☆ブラボ〜!☆

いしちゃん、なおちゃん、まーぼうを中心に
あっきー、ともこさん、ささごんさん、あいこさん、かやっち
おおさん、きみちゃん、まーみん、きたさん、

皆さんの力が一つになった実りある1日でした。
ありがとうございました!