かたかたカタカタ型片〜論理×擬音であそぼ

論理的×擬音であそぼ。

バス。
後部デッキ。ずーん。
バスの後部デッキ。これは場所である。 

昼の十二時。
頃。 きんこんかんこん。
昼の十二時頃。これは時間である。

乗客。
争い。がしゃぐしゃ。
乗客どうしの争い。これはできごとである。

若い男。
帽子。ひょろ長い首。 しゅるしゅる。
編んだ紐を巻きつけた帽子をかぶった若い男。
これは主人公である。

人。
ある人。ずば。
ある人。これは副主人公である。

わたし。
わたし。すわ。
わたし。これは第三の人物、語り手である。

台詞。
台詞。ぺらぺらぺら。
台詞。すなわち言われたことばである。

あいている座席。
ふさがっている座席。ふ〜。
あいている座席が、後にふさがる。これはすなわち結果である。
サン=ラザール駅。

一時間後。はらはらはら。
連れの男。
ボタン。
聞こえてきた別の台詞。これが結論である。

論理的結論。すぅ。


「意味」「文字」「音」、言葉の三要素。
論理的×擬音で遊んでみました。
Have Fun??

参考文献:「文体練習」レイモン・クノーより

辞書