人体をより良くせよ〜どこから始まるクリエイティビティ???

「人体をより良くせよ」

こんな問いを投げかけられたらあなたはどうしますか?

自由にどうぞと、目の前に紙とペンがあります。
さて、どうしましょう??

「私は腕がもう2組ほしいです。そうすればもっと早くものを
使えるし、もっとうまく触れるようになります。
前に2本、脇に2本ほしいです。それから両方の手に
もう5本ずつほしいです。」

えっ???
こんな画が出来上がったら???

これは心理学者エドワード・デ・ボノが幼年期の
子供たちのファンタジアを調べる実験を行ったときに
出てきた9歳の女の子の回答です。

想像すると笑ってしまう!

大人であれば病気をしないため、健康になるため、高齢化に関すること
などより現実的な回答を出してしまうかもしれませんね。

「どうすればクリエイティブな人間になれますかね?」
こんな質問も受けたことがありました。
「うーん、当たり前を切って、足して、減らして・・・」

その「当たり前」の概念から抜け出せないのですよね。

そもそもクリエイティブと言っているのは何なのか?

「ファンタジア」
「発明」
「創造力」
「デザイン」
「想像力」

この5つの要素が関係しているようです。

何より自由な能力がファンタジア。
実現できるか、機能面はどうだろう?と考えなくてよし。
9歳の女の子はまさにこの要素を遊んでいたわけです。

発明はファンタジアの技術、認識している事柄同志がもつ関係を
利用すること。そして実用性に向けて走らせること。

ファンタジアと発明の両方を多面的な方法で活用するのが創造力。

その創造力を内包するのがデザイン。
ファンタジアのように自由、そして発明のごとく精密。

そして、最後にそれをすべて集約させて視覚化させるのが想像力。

もちろん、この要素の前には外界世界に触れ、記憶を重ねるというステップがあります。
ともすれば、いかにその人が築いた関係に何かしらが比例されてるはずです。

もしも、極めて限定的な文化にいれば、ファンタジアのスタート時点には
立てないかもしれません。
いまある手段、すでに知っている手段を常に利用することになりますね。

その文化とはファンタジア、発明、創造力を繰り返すことで年輪が出来上がる。
そして技術面、芸術面が加わって伝統という箱に蓄積される。
その箱をボロボロにしたくなれければ常に新しい集合体を取り込むことがいいのか。

初めの一歩を踏むためのファンタジアは
逆転させたり、相反するものを入れたり、あべこべを楽しむ。
思い切って何かを交換させたり、機能面をあえて抜いてみたり。
創ろう!と意気込む前にちょっと考える時間を設けても。

学校の教育現場や組織、地域社会の中で人が育つというのは
素朴、シンプル、自由でいいのかもしれませんね。

どこから始めましょう??

参考文献:「ファンタジア

 


大人の夏休みを〜大切な本が、一冊あればいい。

「生まれてきてよかったんだ」
「生きていてよかったんだ、生きていいんだ」

そう、子どもたちにエールとして送ろう。
そんな想いが児童文学が生まれたきっかけだそうです。

夏休み企画として世田谷の縁側で寝ころびながら
大切な一冊を見つけませんか?

「人間だけはつくることできないですからね。
場所はつくることができても。」
たくさんのメッセージを映像と言葉で残している
宮崎駿氏に会いにいきましょう!

400冊の岩波少年文庫の本から50冊の推薦本を選出。
なんと3か月かかってきちんと再読して選んだ優れものが
登場しています。

そして宮崎さんらしい暖かな人間味あふれる直筆の感想が
一冊ごとに添えてあります。本当にじっくり読んだからこそ出る言葉ばかり。
誤字があってもペンでぐしゃぐしゃと線を引いているそのまま。

児童文学に触れるポイントは?
「世界がひっくり返ること」だそうです。

実際に「床下の小人たち」は宮崎さんが40年間温めていた企画。
「借りぐらしのアリエッティ」の元となった本。
22〜23歳の時にメアリーノートンに出会って
本当に世界がひっくり返ったのでしょうね。

アリエッティ模型
※「借りぐらしのアリエッティの模型」写真撮影許可がある会場です。

今、再び読むとその世界がまた蘇るでしょう。

もっと、もっとひっくり返るとどうなるのか?
もっと、もっとひっくり返す人が増えたら?

力強く「生きていくんだ」と大人がもっと底力を出すことができたら。
つまらないことで子供たちが命を落とすなんてことは無くなるはず。

「生きていくのに困難な時代の幕が上がりました。
この国だけではありません。破局は世界規模になっています。」

垂れ幕


会場は大きすぎず小さすぎず丁度良い広さ。
「星の王子様」から始まり「君はもう一人のぼく」と
テーマごとに50冊がゆったりと並べられています。

お気に入りの一冊を見つけて
まずはひっくり返ってみませんか??

パンフ3点


世田谷文学館にて9月17日(祝)までです♪

空中遊泳はいかが?〜クラウド・シティの始まり

まさか!こんな所には住めない!?

空間があるのはあるけれど。

未来の「住まう」を視覚化している建築家トマス・サラセーノ。

テーマは「空中都市」
流動的で且つ境界線のない共同生活をビジョンとしています。

クラウド・シティ


はい、本当に浮いていますよ!

世界を俯瞰してみて国境や民族、人口過密や環境破壊といった地上の問題から
「雲のように浮上する」といった新たな居住生活をも表現しているようです。

これはあくまでも模型ですが実際に空間の中に
入るとなると、開放感、多幸感を身体感覚として捉えることが出来ますね。

螺旋の流動的な繋がりは世界中の人が同じ考えや感覚を共有する
ことの象徴としても観ることができますね。

せっかくのクラウド・シティ展。
屋内ではなく屋外の広大な場所で展覧会を実施しないのが残念!

この展覧会は銀座のエルメスで開かれています。

もう一つのArtの楽しみ方は・・・
このメゾンエルメスのビルディング自体がArtになっています。

壁面に色とりどりのオブジェが。
繊細なガラス細工を見ているかのようで楽しいです。

?

?

?

空・雲・泡といったイメージのトマス・サラセーノの「住まう」に触れてみてください。

トマス・サラセーノ展 8月31日までです!


持続可能な社会には地域の力、人創りを〜シャッター商店街から学ぶ

 「駅前の商店街がシャッター通りになっている」

こんな課題を抱えている地域は全国に多数あるはずです。
高齢化、跡継ぎ問題など背景にある課題はとても大きい。

この課題解決に何かしらの糸口を見つけるため
そして未来を創造する目的のフューチャーセッションとして
今回のワークショップは開かれました。

場所は山梨県北杜市清里。
清里駅前の商店街がまさにシャッター街になってしまっているのです。

さてさて、その前に商店街とは何でしょうか?
どのような地域の役割を果たしていたのでしょうか?

遡ること大正時代。
第一次世界大戦の終結とともに不況に。
地方から都市へ人が流れる。

地域の残った人が消費するものが粗悪に。
そこで協同組合を立ち上げる事に。

行政は公設市場設置を、繁華街には百貨店が現れる。
ここで「遊覧の空間」が出来上がり。

これらと対抗する小売商が異業種で連携して「空間的集約」を
図り、横の百貨店を目指した。これが商店街の始まりだそうです。

欲しいものを欲しいだけ、徒歩圏内で賄え
そして人が集う「公共空間」のコミュニティの役目も果たしていたのです。

商店街がいかに重要な役割を果たしていたのかが分かりますね。

では清里駅前に戻りましょう。

清里駅前シャッター

まさに全盛期の清里をご存知の方であれば愕然とするでしょう。
清里駅前の商店街には時を刻む音が絶えていました。

駅前を25名程度で散策し、そして貴重な市民の方々に想いを伺いました。

財団法人キープ協会の桶本さん
萌木の村 取締役社長 舩木さん
清里の森管理公社の清水さん

どのように清里を感じ、地域を考え、日々を送っていらっしゃるのでしょうか。

萌木の村

実際の現地の声を聞いたあとは、参加者の方々と対話をする時間に。

船木さん

既に地域活性、再生などに取り組んでいる方々が多いためか
議論はとても質の高いものになっていました。

そして実際に地域は何を持っているのか?という整理に入ります。
これは課題と思うもの、定着させたほうがいいものという線引きは一切しません。
持ち物ブレストですね。

BMGシート

 BMG風景


そして今回のワークショップのお楽しみ。
実際に地域での活動をされている方々の発表をしていただきました。

今までの抱えている課題を解決できるか!?

国立富士見台人間環境キーステーション(東京都国立市)
おたカフェ(東京都国分寺市)
いがねこ(東京都小金井市)
なつかしい未来創造株式会社(岩手県陸前高田市)
てんころりん村(山梨県笛吹市)

事例を聞いて、いろいろな切り口があることが分かりました。

どんな糸口があれば清里のシャッター商店街に
再び時計の音が聴くことが出来るのでしょうか?

外の人を取り込む工夫、エコビレッジ計画、年代をまたぐ
暮らし方の仕掛け等のプレゼンテーションが行われました。

市民の方にとっての「地域」が更に輝かしいものになりますように。
清里の10年後が楽しみです。

この2日間をラジオ音源として聞くことができます。
こちらからどうぞ。

国立本

いがねこパンフ











WS企画:
財団法人キープ協会
実施団体:マイスタイル小平
       Balancedgrowth
       Life Crearot Laboratory

参考文献:「商店街はなぜ滅びるのか〜社会・政治・経済史から探る再生の道」


何を持っている?地域活性の初めの一歩 〜 山梨県北杜市清里にて

【テーマ】

「何を持っている?地域活性の初めの一歩 〜 山梨県北杜市清里にて」

今回の舞台は山梨県北杜市清里です。
財団法人キープ協会が企画した「地域の未来を皆で創ろう!」の
ワークショップ(2012.6.2〜3)の模様をお届けします。

全国でも同じような課題を抱えている「地域」があるはずです。

どのような想いがあり、沢山の課題、多様な考えに触れること。
それが「地域」に再び息を吹き込む初めの一歩になるのかもしれません。

キープ協会

【Feel Space Keyword】

*コミュニティという視点を再考する必要がある
*方法論を変えていかないといけない
*なぜ地元愛を持たないか?
*都市のルールを地方に適用する事は課題解決か?
*自然とは闘わない
*まちつくり、地域づくりには「感性」が必要
*外からの人の声で「当たり前」から「財産に」
*車社会で活性化できるとは限らない

ワークショップの詳細はこちらをご覧くださいませ。

【プレイヤー】

2012年6月21日(木)20時30分〜55分に放送した同内容のものです。

今回は25分の拡張版です。

↓プレイヤーの再生ボタンを押すと再生されます。
読み込みに暫く時間がかかる場合があります。

プレイヤーが表示されない場合には
QuickTimeをインストールしてください。
アドオンを無効にしている場合には有効にしてください。



【選曲】

イントロ&エンド New Soul  ByYael Naim


★★リアルタイムにFeelSpaceの声をお届けします!!★★

スマートフォン向けの「ラジオカフェアプリ」が開発されました。
http://radiocafe.jp/i/app.html

全国からインターネットを通して放送を聞くことも可能です。
勿論パソコンからでもOK。

京都三条ラジオカフェ FM79.7にて
「Feel Space 〜ひびけ!真朱たち」
毎月第3週木曜日20時30分〜

To be Continue・・・


Cool!!

 「Cool!!」って思うときはどんなとき??どんなものに触れたとき??

カッコイイ老若男女が増えてきたように思えます。
なにが琴線に触れてそう感じるのでしょうか。

自分をよく知っている人。
自分の居場所をよくわかっている人。
自分にきちんと納得している人。
無駄な動きがない人。
自分看板を持っている人。

他にも沢山あるはず。

最近ではリユースという概念が定着してきました。
古着、中古品、中古車、中古物件。

勿論、環境に配慮した生活にはこの考えは絶対的に必要。
ただ、それだけではない何かがあるのかもしれません。

もしかして・・・One and Onlyを求めているからかもしれませんね。
「唯一これしかない」というフィット感に。
自分のモノにするという気持ちから。
カスタマイズして自分色に染めて。

「唯一これしかない」はブランドでは出せません。
時代によって左右されるものであれば尚のことです。

カフェが巷に増えたのもその延長線のこと。
あえて椅子や机も皆違う種類の、そして座り心地の良い椅子を選んで。

自分仕様にカスタマイズされた空間にくつろぎを覚えて
お気に入りのカフェを決めている人もいるのではないでしょうか。

そんなカフェの特徴としてはまさにOne and Onlyを真っ直ぐ向っています。
「これ誰?」というアーティストのデザインのものや作品が展示されています。
でも、それがいいのですよね。

有名な著名な・・・なんてものはそんな空間には居心地が悪くてわるくて。

私達がOne and Onlyと叫ぶよりももっと先に行っている
現実空間やモノ創りがしっかりと根づいてきているようにも感じます。

 「Cool!!」そんな高揚な気分にさせてくれるのは
オリジナリティーが軸としてあるはずです。

それは・・・

「こだわり」
「尊敬」
「信頼」
「安心」
「再生」
「納得」

なんていうふさふさの緑の葉っぱたちが何百年という木々を
大きくしてくれる栄養素なのかもしれません。

 「Cool!!」
外に出て探してみよう!!

てんとう虫

「The Tao of Physics by Fritjof Capra」

 ウィーンのエルダー。


個々が持っている世界観と現実との関係性を東洋思想の観点で
拓いていったその名はカプラ。しなやかな弓のように動きに
遊びがある。弓に身を任せ、風を切って僕と君の矢を宙に放とう。
       
人は産声をあげてから荼毘にふされるまでの循環を生きている。
その循環の中には無数の関係性があるのだ。


人は勿論のこと、物質や原子、そして地水火風といった四大元素ま
無限の対象物と常に時間と空間を共にしている。
その世界観をどう織り上げていこう。


織り上げていくと「対立」そんな極が立ち上がるかもしれない。
伝統とニューカルチャー。白と黒。太陽と月。天と地。
僕の眼カメラで俯瞰をするとどうなるだろう。


それは相互に欠けている時間と空間を補っているように見えて仕方がない。
僕だけだろうか。
東洋の思想で言えばタオを思い浮かべるのは。 
                   
「それは動き、しかも動かない。それは遠く、また近い。
それはすべての中にあり、またその外にある」。


すーっと。行ったり来たり。まるでメビウスの輪の中を
振り子が自由に踊るかのように。どこにいても「存在」
そのものを認めて道(タオ)に導いてくれているようだ。


その中の、その一部に君もなっている。
一瞬一瞬が全てであり、有機体として七変化していく。


どうだろう、「いま、ここ」を感じてみては。
僕と君の「場」が現れてくるはずだ。


「場とは空であり、無形でありながら、あらゆる形象を生み出す」。
場とは有機的。
「存在」をどう観て、織り上げていくかが一筋の光を持たらすのだろう。


では二人の関係性はどうなるのか。
二人の中でリズミカルに凝縮と消散のダンスを織り成す。


あらゆる形を生み出しながら空に僕と君は溶け込んでいくだろう。
気のタオやかさに身を任せて。


それは自己の内側に既にあるのだ。
「色即是空、空即是色」。


融合へ誘う旅。隣人の君と。   


「The Tao of Physics by Fritjof Capra」
 〜Respect for Fritjof Capra


「ミニシアター時代の再来を〜提供側と創り手の溝を埋めるクリエーター」

テーマ】

「ミニシアター時代の再来を〜提供側と創り手の溝を埋めるクリエーター」

渋谷のミニシアター再生を手がけている
株式会社デジタルプラス 取締役 青山 大蔵さんにお越しいただきました。

【Feel Space Keyword】

*創っても半数が上映されない!?
*アジアで映像作家育成のイニシアチブがあるのは韓国
*提供側の論理だけではなくマーケティングを浸透させるべき
*渋谷の街文化を変えるにはクリエーターの力が必須
*ミニシアターのお手本は京都!!


【プレイヤー】

2012年3月15日(木)20時30分〜51分に放送した同内容のものです。

↓プレイヤーの再生ボタンを押すと再生されます。
読み込みに暫く時間がかかる場合があります。
プレイヤーが表示されない場合には
QuickTimeをインストールしてください。
アドオンを無効にしている場合には有効にしてください。




【選曲】

イントロ:Happy Pills - Official Lyric Video
エンディング:Cinema Paradiso Theme

エンディングは青山さんの大好きな!「ニューシネマパラダイス」の
テーマソングです。


★★リアルタイムにFeelSpaceの声をお届けします!!★★

スマートフォン向けの「ラジオカフェアプリ」が開発されました。
http://radiocafe.jp/i/app.html

全国からインターネットを通して放送を聞くことも可能です。
勿論パソコンからでもOK。

京都三条ラジオカフェ FM79.7にて
「Feel Space 〜ひびけ!真朱たち」
毎月第3週木曜日20時30分〜


次回LCLのHPからのお届けは
「地球にやさしい空間創りから対話を」についてです。
お楽しみください。

To be Continue・・・

ミニシアター


海の世界と野の世界

 先日久々に都内のホテルのラウンジで商談終了と思われる
ビジネスマンらしき複数の男性たちが握手を交わしていました。


もっと日本人は握手をしてもいいのではないでしょうか。
日本はもともと「ハグ文化」は薄く、初対面でそれを
行おうとすると何かしらの戸惑いが巻き起こるのが一般的。


握手をするということは「融合」の始めの一歩?ではないでしょうか?


では握手をしてこなったのか?
そんなことはありませんね。
始めの一歩からが複雑に入り組んでいて・・・。


歴史を遡れば文化には必ず「融合」というフェーズが
必ず現れてきています。


例えばインドネシアも然りです。


もともと土着している基層文化。
その上にさまざまな形で重層的に積み重なり受容され。
それが地域に拡散し、複雑で多様な文化変容を起していく
といったこんな一連の流れが見えてきます。


Adama datang dari laut
〜文化は海からやってくる〜
ジャワ人は昔からこのように文化を表現してきたようです。


この言葉からも感じ取れますが
多種多様な民族で形成されている中で
バティックという民族文化に関わる分野においても
「融合」を図らなければいけないフェーズを向かえていたようです。


大きく2つ。
「海の世界」と「野の世界」。


海は外国文化、野は伝統文化、古典を意味しています。
身分制度の有り無し、価値基準が明確か否か
タブーとしている領域が広域なのか否か
どちらが天でどちらが地なのか。


ではバティックの世界は今でも分断し続けているのか?
そんなことはありません。


いかに「野の世界」に「海の世界」を乗せるか。
いかに元来の意味を消さずに
伝統を薄めて一つにしていくのか。


王宮はその天と地を繋ぐ「木」の役割の立役者を
2つの世界に放って、融合の道に誘ったそうです。


その立役者の中の1人の女性、ジャワ島の才女と言われている
カルティニが放った言葉は


「サヤ(私)の発見をしなければ文化は築かれない」


あなたの将来は?
あなたは何をしたいの? 
と、自我に目覚めることが大切だと。


文化を築くのは一人ひとりなんだよと。


今、自分は「野の世界」にいますか?「海の世界」?
それとも繋ぐ「木」なのかな?


レオ・レオーニの「融合」を感じる時間〜あおくんときいろちゃん

「みどり」色になるのはむずかしいかな? 

アムステルダム生まれの芸術家、レオ・レオーニ
「あおくんときいろちゃん」 からの一節。

「あお」と「きいろ」が混ざると・・・「みどり」色に。
このシンプルな小道具にたくさんのメッセージがこめられています。

あおくんが必死にきいろちゃんを探して。

「ばったり あ きいろちゃん
よかったね あおくんと きいろちゃんは うれしくて
もううれしくて うれしくて
とうとうみどりになりました。」

たくさん、たくさん、みどりくん(ちゃん?)は遊んで
自分達のお家に帰っていきます。

「おや この みどりのこ うちの あおくんじゃないよ
あおくんの ぱぱ とままは いいました」

「おや この みどりのこ うちの きいろちゃんじゃないよ
きいろちゃんの ぱぱ と ままも いいました」

どちらの家にも受け入れてもらえず。

「あおくんときいろちゃん かなしくて ないて ないて なきました
ふたりは ぜんぶ なみだになってしまいました」

粉々になるまで涙が出て・・・
それぞれの色に戻り

「ぱぱも ままも あおくんを みて おおよろこび
しっかりと だきあげました
こんどは きいろちゃんを だきました・・・
おやおや ごらん みどりになるよ」

ぱぱとままも訳がわかり

「おやたちも うれしくて やっぱり みどりに なりました」

「みどり」色になるのはそんなにむずかしいかな? 
カラー

<< | 2/11PAGES | >>

search this site.

profile

profilephoto
人材開発コンサルタント
教育ファシリテーター
人事関連業務のコンサルタントを行っております。

selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM