陰翳礼讃から学ぶ夏へ〜東洋の神秘「無」

 「人はあの冷たく滑かなるものを口中にふくむ時、あたかも室内の暗黒が
 一個の甘い塊になって舌の先で融けるのを感じ、ほんとうはそう旨くない
 羊羹でも味に異様な深みが添わるように思う」

東洋と西洋の本質的な相違に着目した「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」
谷崎潤一郎著 のあまりにも有名な一文です。

明かりの「有り様」を、そして光と光があたらない陰の「調合」を
そしてその静かな空間に「羊羹」という塊を差し込んだ陰翳の芸術作品ですね。

この夏の課題である「節電」
日本の中で東と西でワット数が違うために意識が1つにならないというジレンマを
抱えつつ成し遂げていかないと・・・。

文豪 谷崎潤一郎曰く・・・

「どうも近頃の我々は電燈に麻痺して、照明の過剰から起こる不便という
ことに対しては案外無感覚になっているらしい」

「元来室内の燈し火は夏は幾らか暗くすべきである。
その方が冷涼の気を催すし、第一虫が飛んでこない。
然るに余計に電燈をつけ、扇風機を廻すのは考えただけで煩わしい」

「だから私は自分の家で四方の雨戸を開け放って真っ暗な中に
蚊帳を吊ってころがっているのが涼を納れる(いれる)最上の法だと心得ている」

はい、少々ご立腹です・・・。

単純にただ、暗くするのではなく今までの東洋的な生活空間には
陰翳があったということを思い出さなければいけません。

日本座敷1つとっても清楚な木材と壁とを以て一つの凹んだ
空間を仕切ったり、活花(いけばな)を活ける場所を空の中で
選択したり、違い棚の少しの闇を美と捉えたりと。

水の中に突然小石を投げ込む前の静かな「無」に対して
もっと目を向けたらどうかとも伝えてくれているようにも感じます。

お着物一つとっても陰翳の作用が働いています。
全体は長い袂(たもと)や長い裾(すそ)で手足を隅へ陰へ
そして首だけを際立って一筋の光をあてるという無の中の美を創造しているのです。

「無」とは?何もしないこと?

「東洋人の精神的若くして道徳的と云うのは果たして何を意味するのか?
東洋人は浮世を捨てて山の中へ隠遁(いんとん)し、独り瞑想に耽っているようなものを
聖人と云い、高潔の士と云う。」

西洋的な考えだとこれは「何もしないでいること」「怠けている」とも見えてしまうようです。

独り一人が持っている「無」を自分の「山の中」に探しにいく。
「無」を感じ取る、そんな夏になればいいのでしょうか。

文豪からのメッセージ。
夏休みの宿題、次は夏目先生にいこうかな。


灯り

おすそ分け文化へ〜すばらしき未来かな

 たくさんの情報に毎日触れている私たち。
その中でもいいアイディアはないかと模索している方も多いはずです。



「大量生産」「大量販売」「使い捨て」という概念も
市場の成熟によって通用しなくなってきています。


原点に戻って とよく耳に、目にする言葉です。
原点って?どこのこと?



組織で考えてみると。


組織の原点にあるものは・・・
「拡大し、自由をもたらすもの」


では組織の存在意義はというと・・・
「組織内の人間が、共通の冒険的な事業を遂行していく中で
奉仕し、奉仕を受ける経験を通じてより強い充実感を
覚えることが可能となる集合体」


もしかして組織がもっともっともっと!拡大、自由を楽しむ集合体になったら?
アイディアをどんどん湧き出す集合体になっていったら?
地域やコミュニティ、社会もゆっくりでも変化していかないでしょうか。



「多くのアイディアは、芽が出た場所より
他人の頭に移植したほうがよく成長する」
〜オリバー・ウェンデル・ホームズ・ジュニア(法律家)



こんな名言を発見しました。
ということは、溜め込むより発散しつづけて
「繋げて」いくことのほうが大切ということになります。



「奉仕と貢献」の連鎖。
もっと日本の文化に近い事柄で考えると
「おすそ分け」の文化のような気がします。



いただき物や手作りしたものをご近所さんに分けていく文化です。
日本文化独特の謙った言い回し「つまらないものですが・・・」という言葉を添えて。
「とんでもない、せっかくなので戴きます」
こんなやりとりがきっとあるのでしょう。



その連鎖を創りだすのは実は簡単で誰でもできることですね。
少しでもいいので質の良いもの
数を多くではなく心のこもったおすそ分けを。



すばらしき未来かな×日本文化×???
さて、あと何をかけたらいいでしょう??



日本の文化は実はアイディアがたくさんつまった
おもちゃ箱だったりして♪


参考文献:「サーバントリーダーシップ」ロバート・K・グリーンリーフ著
      「スウェーデン式 アイディア・ブック」フレドリック・ヘレーン著


継続的な支援を〜観るから織る復興へ

東日本大震災からすでに2ヶ月が経ちました。

3月11日以降、
人の意識、動き、働きかた、毎日の過ごし方、生き方と
個々の中に変化が生まれた日でもあります。

G.Wには沢山のボランティアの方々が被災地の支援に出向き
日本中で支援の連鎖が巻き起こり、力強さを感じる新緑の始まりです。

「今、何ができるか」この言葉をこの2ヶ月でどれだけ目にし、耳にしたことでしょうか。
小さなことであっても一歩一歩前に進むために気持ちを持ち続けることが
まずは大切かと思います。

「持ち続ける」ためには何が必要なのでしょうか。
何があれば風化せずに、忘れずに、教訓として活かす事ができるのでしょうか。

今回、震災直後のメディアの情報に随分と翻弄された感を受けました。
未来創造にはメディアリテラシーや消費教育も必要かもしれません。

刻々と変化している被災地の情報を持ち続けたいですね。
被災地を支援する方々の支援は我々でも簡単にできます。

「助けあいジャパン」
現地でいろいろな視点から被災地、被災者の方々を支援している
団体の一覧を観ることができます。

ほんの一部しか掲載されていませんが
どの団体に参画、または義援金を送付するという事もしっかりと
自分の目で見極める力を持ちたいですね。

被災地へ足を運ぶことが難しいのであれば
一早く被災地に入り、肌で震災を感じ、支援を継続している各団体を通して
「観るから織る復興へ」に繋がることを信じて。

がんばれ被災地、がんばれ日本、そしてがんばろう私たち!


以下、タオ自然学より抜粋

「観る」ことで前に進めるための道を「織る」。

仏教の認識論では、観ることがもっとも重要な役割をはたす。
というのは、観ることが織ることの基礎になっているからです。
織ることと観ることはブッダの教えでは直結しており
仏教哲学は究極的には、現実をあるがままに観ることをめざしている。

参考図書「
タオ自然学〜現代物理学の先端から「東洋の世紀」がはじまる


「で、次どうなるの?」で問題解決を!?

 日々、仕事をしていく上で最近切に感じること。

*仕事は「コトに尽くすこと」で作業をこなす事だけではない
*先読みをして「今」必要な仕事を行わなければ何も形にはならない

何があれば未来を創る仕事という概念に差異が出ないのでしょうか?

先日あるワークショップに参加してダイアログ(対話)の中で
じわじわとワクワクの泉が湧いてきた言葉がありました。

「で、次どうなるの?」

はい、これだけの言葉です(笑)
でもとっても意味がある言葉なのです。

まず

「で」
これは今まであなたの話をしっかり聞いていたよ。
100%あなたのことを受容しているよ。という大切な接続詞。

「、」
でと次の間の点。
一呼吸してみて、ちょっと間を取ってみようか?
というサイン。

「次」
次と言われれば自然と皆の思考の中で
新たな展開を促すことができる言葉。

「どうなるの?」
あ〜話をしていたけれどさて、どうなるかなぁ?と
自分の物語を心と頭で描くスイッチがスタート!

どうですか?新たな方向に向かうような気がしませんか?

これが
「で、どうなの?」
「で、どうしたいの?」
「で、どうするの?」

これでは同じような思考プロセスは動きませんね。
やっぱり言葉って大事!

「なぜ?」を5回投げかけて答えを引き出すという
考えもあるけれど、その時の心持ちとその焦点を当てている
内容によってはしんどい言葉になりうる。

勿論、深堀りして思考を動かさなければ問題も解決されないし
日々、平々凡々と過ぎているわけではないので
その素地は持ち合わせていないといけない。

でも本当に前に進めるかな?
未来やビジョン、夢にそれでたどり着けるかな?

相手や対象とする課題や問題によっては「言葉の融合」で
「で、次どうなるの?」
この言葉を選択してみてはいかがでしょう?

実はその人の大切にしている事柄や物語、
問題解決に繋がるヒントが湧き出てくるかもしれません。

未来を創る仕事という概念の差異は埋まる気がするなぁ。

「で、次どうなるの?」

残暑お見舞い申し上げます〜2010年立秋

残暑お見舞い申し上げます。
立秋とは名ばかりの暑い日が続いていますがいかがお過ごしですか?

 Be Born

がんばりすぎず、風、月、雲の音が変わるのを肌でじわっと感じ
1日、いちにち過ごしていきたいものです。

今年も実り多い夏です。
太陽と水と土に感謝ですね

野菜

秋に向かう短い時期には蝉の声のBGMとともに
夕立の一雨ごとに季節の色が
落ち着いていきます。

山百合

厳しい夏を健やかにお過ごしくださいませ。
2010年の立秋のご挨拶とさせていただきます





一調二機三声 〜レスポンスする身体を

一調二機三声(いっちょうにきさんせい)とは

 自分の中で調子をきちんとつかまえて
 呼吸や気合いをこめてから
 声を出すという

能の
世阿弥が書き記した教えです。

「自分の調子」というものはどのようなものなのでしょう?
しっかり「呼吸」していますか?
腹のそこから「声を出す」ことをしていますか?


最近顔を付き合わせたコミュニケーションの希薄さからなのか
冷えた空気を人から感じることが多いように感じます。

特に目と目が合う瞬間は格別な意味があるのです。
見るという行為は見る主体である自分が見られる客体を
一定の距離をおいて視覚的に捉えること。

「目が合う」という瞬間は目と目のあいだに道が通じ
心が通じる感覚を生み出す。

その感覚が冷えている、と感じます。
心と身体は繋がっています。
よって感覚が冷えているということは身体も冷えているはずなのです。

そしてやっかいなのが心(感情)が「上向き」か「下向き」かに
関係なく思考は身体に何らかの影響を与えていること。
マイナス思考には一番強い化学的伝達力があり
体内に大混乱を生じさせるものなので注意が必要です。

マイナス思考は免疫システムに最大のダメージを与え
また病気を引き起こす感染や細菌、ウィルスに対する
撃退力を時間をかけて弱めるのです。

簡単な例をあげると・・・
風邪やインフルエンザは思考が酸性化し消火器官と
免疫組織のph(水素イオン指数)が変化した結果。
これによって化学物質のバランスが崩れ
ウィルスにとって理想的な環境が出来上がってしまうのです。

悲嘆や悲しみは酸性の感情でそのエネルギーは肺にあり
悲嘆は右側、悲しみは左側。

痛みや異変を身体に耳を傾けて感じることは身体からの
サインを受けとめている証拠です。

自分が長い時間、年月をかけて定着してしまった考えや意見が
詰まった思考、自分のやり方が良しとし、安全であるという
思い込みを変えていくことが「調子」を整えるということなのかもしれません。

いかに身体を暖めるかが大切なことがわかりますね。
身体作りがこれからの人創り、教育にも必要と切実に感じる今日この頃です。

最近、内から湧き出る暖かい何かを感じていますか?
レスポンスする身体作りに取り掛かりましょう!


参考図書:
「感情地図〜心と身体を元気にする最高の方法」










両手いっぱい広げて


たっぷりの深呼吸を
空を感じて
風の流れをつかまえて
地面を足でつかんで
太陽に感謝して
たくさんの生き物にも目を向けて
静かなときを過ごし
今、ここをがんばっている人へエールを送って

どうしても「点」を見つめて毎日を過ごしがちです。
何かの「痛み」を伴ったときにはっと気がつくことも多いですね。


同じ過ちを繰り返し、同じ考えに陥り、大切なものを見失いがちです。
もっと広く想像し、そして身近な事、ものに目を向けることが
必要なのかもしれません。


人の多様性を戦略としてというのは組織でやっと議論されるようになりました。
ただ、まだまだ足りない!と感じています。
言葉だけが先行し、足元がおぼつかないといった印象です。


もっと視野をぐっと広げて地球規模の議論をすることによって
「点」が「線」そして「面」に繋がっていくかもしれません。


まだ「点」が沢山地球上に星屑のように散っていて
虹がかかるのを待っているという状態です。


空から俯瞰すると・・・
「生物多様性」というキーワードが出てきました。
地球上の生物の多様性に目を向けましょうという事です。
そこからすっと降りてくるとどこかで必ず人間が関わってきます。


そう考えれば絶滅危惧種の生物や動物、そして人間の位置づけが
よくわかります。
日々の中で出会う小さな虫にも愛着がわくかもしれませんね。



大切なことを見失わないために想像力が必要です。
想像力を養うためにも「沈黙の時間」を持つ事が私達は
足りないのかもしれません。


福島県いわき市にある絵本の美術館「まどのそとのそのまたむこう」
の巻レイ園長先生の言葉より


「想像力の貧困な子供たちは実に頼りない
『こうすれば、どうなるか?』という先を見越す力を
 持たないから自分も傷つくし、他人も傷つける
 それでは長い人生は生き抜いていけない
 豊かな想像力が豊かな人生をつくるのだ」


「子供たち」の箇所を「大人たち」に変えてみると・・・
なーんか妙にしっくりきてしまうように感じるのは私だけ!?


両手いっぱい広げていこう!


※福島県の絵本美術館は建築家安藤忠雄氏設計の美術館です。

 

 

 

 


 


慣性?感性?の法則

慣性とは今ある状態を維持しようとすること。
維持しなければいけないことも多々ありますが
それが惰性的な維持であれば意味がありません。

企業に関わる仕事をしていると
「新しく」「更に」「付加価値」「生まれ変わる」
というキーワードを良く耳にします。

では実際にコンサルティングで参画すると「惰性的な維持」の力の
強さをしっかり、ずっしりと感じます。
いわゆる思い込みや古い慣習という一般化されてしまった魔物です。
結局、変わりたくないんですね?

あとはこのまま切り抜けようという「傍観する」力も多いというのが事実です。
自分は関係ないから?という感じでしょうか?

勿論「惰性的な維持」「傍観する」力が生まれてしまった原因もあります。
そして今までやってきたことを一気に変えるということも難しいでしょう。

人も組織も生き物です。
必ず「感情」が伴います。

どちらも表面的な感情をなだめているだけでは何ら解決には繋がりません。
しっかりと自分・自社の感情の奥深く眠っているものを引っ張ってこなければ
次の「思考する」ステップにはいかないのです。

まずは深く、根深く、海の底まで落ちている、陥ってしまった感情を
拾い上げることが大切なのです。

その作業は自分、自社にとって傷を負うことになるかもしれません。
眠っている血潮が波立ち、空けてはいけないパンドラの箱のように
渦を巻いて洪水を起すかもしれません。

ただ、本当に変化を欲していますか?
変わらないといけないと本当に思っていますか?

従業員が動いてくれない!
こんな嘆きをお持ちの経営者の方もいらっしゃるでしょう。

自分・自社の中の「憤り」「怒り」「不安」はどこから来ているの?
そして「大切な事柄」の範囲はどのあたり?
質と量の関係は?

こんな自分分析・自社分析を行ったあとに思考のステップへ。
ここでやっと問題・課題解決などの手立てを打つことが出来るのではないでしょうか?

人・組織ともにコアとなる明確なミッション(役目)を持っている人は
ブレずに力強いです。

「惰性的な慣性」に陥らないためにも「感覚的な感性」の力を伸ばしていきましょう!

「感情」→「思考」→「行動」
思考にアプローチすることを意識づければ必ず「行動」が変わってきます。
そして最後には「わくわく」をお忘れなく


新たな風を

 既に2010年1月が終わろうとしていますね。
 元旦の憂いを帯びた満月を見つつ今年は・・・といろいろと
 想いをはせてもう一ヶ月!?

 例年のごとく元旦から年始のご挨拶を多数メールやお年賀でいただきました。
 ご挨拶の内容がみな素晴らしく応援したくなるような内容ばかり。
 さまざまな人が個々の色が出る方法で動き出した!と感じた2010年です。

 自分を動かすものがまだ見えていない人からは
 「自分の道が曇って見えない、先に進むのが怖いから待っています。」
 という言葉が。

 実はこれでは何も手に入らず、楽しさ半減で理想にも到着できません。

 「待つ」ことも時には大切ですが長すぎては・・・。

 「曇っているから出来ません。ではなく行動していないから曇っている。」
 かもしれませんねっ!
 
 考えて考え抜いてそして行動できる目標(ゴール)を創りましょう。
 悩むのではなく考えて。

 LCLも微力ながら新たな風を小さくとも長く吹き続けたいと考えています 


チーム!チーム!チーム!

 ある私立大学にて就職面接に向けてという講義をさせていただきました。

まだ3年生ということで就職というイメージがまだしっかり持っていない様子。

ただ、今年は採用する側の企業も経営面で採用取り消し、採用者数の激変など
事実をしっかり伝えなければいけません。
実際に外部採用者として面接に携わっていることから沢山の事例、失敗例など
盛り込んでお話させていただきました。

*個人面接
*集合面接
*グループディスカッション
と3つに分けて実際に面接時を想定してもらいます。

個人面接はなんとか大丈夫でしょう。
いろいろな情報が飛び交っていますので
既に沢山の情報に埋もれているはず。

大抵どうしたらいいのか??と悩むのがグループディスカッション。
最近あちらこちらで感じる、そして気になるのが
日本人がそもそも持っているDNAの「和の調和」すら
出来なくなっているのでは?という点。

ファシリテーターとして会議に入る機会が増えてきましたが
会話から対話に運ぶ事ができない「場」が出来ていること。
簡単にまとめると「チーム」になっていないプロジェクトが
増えていること。

と、ここまで伝えるとそれチームビルディングだ!と安易に研修に
飛びつかれる企業さんが多いですが、いやその以前の問題かと。

これはコミュニティ作りや地域活性化にも同じことが言えるかもしれません。
全員一致ということは皆無であっても一致しないことを排除するという
表層的なことでは根本的な解決には繋がりませんね。

そうそう、200人の未来の時間をつむぎ出す学生達には
締めの言葉として以下を伝えました。

*全員一致をめずす(目標を明確に!)
*安易な妥協で自分の答えを変更しない(自分の答えの信憑性を持て!)
*多数決はNO!
*少数意見を大切に扱う(そこから見えるもの、背景を感じ取れ!)

彼らにはグループディスカッションの落としどころとして伝えましたが
社会人になっても必ず必要な項目4つだよ!伝わったかなぁ〜

皆さんは仕事をしている中でチームを意識していますか?
多様な人財をしっかりと活かしていますか?










<< | 2/3PAGES | >>

search this site.

profile

profilephoto
人材開発コンサルタント
教育ファシリテーター
人事関連業務のコンサルタントを行っております。

selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM